そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 着せ替え案山子

<<   作成日時 : 2009/04/21 13:48   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
先日ウォーキングの途中、素晴らしい案山子に出会いました。年のころは40代
チューリップ模様の長袖ブラウスを着て、レース付きの黄色いエプロンを着用。
ハイキング向きの赤い帽子もよく似合っています。

長靴は今流行りなのか頂上が紐で結ばれ、ジーンズの裾はしっかり長靴の中に
押し込まれていました。プロ野球の選手の皆さんにもこのように凛々しい着用を
お願いしたいものです。殆どの人がズボンの裾をダラダラと引き摺っていますよね。

案山子のおねえさんは、長い竹竿を持ち、今しも一歩踏み出そうとする姿勢です。
あまりにもリアルな姿に、思わず「おはようございます!」と声をかけそうになりま
した。ド近眼の目には、相手に目も鼻もないのに気づくまで時間がかかったのです。

昔の案山子は古着をまとっているのが普通でした。なかには衣類には到底見えな
い「ボロ布」を吊り下げ、骨格をあらわにしている案山子もおりました。その肩にカラス
やスズメが休憩したりしていると、つくづく気の毒に思えたものです。

お洒落な「おねえさん案山子」が、このまま着替えもせずに長期間、畑に立ち続ける
とは思えませんので、6月の衣替えがとても楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

よく観光地に案山子が立てられています。その土地にに関係のある人が、モデルです。こう言うのは、何か「臭み」があります。その点、本物の案山子のように害鳥などを追い払う形の案山子は、微笑ましいです。それがモダンな服装で、美人のお姉さんなら、一緒に写真も撮りたくなりますね。
shuttle
2009/04/21 18:38
shuttleさん。今日は快晴ですが、強い風が吹いています。

案山子も頑張ってはいるんですが、何しろ動けませんから
鳥を追い払うのも容易ではないでしょう。何年か前、カラス
の死骸を十字架に架けていた畑がありましたけど、ちょっと
やり過ぎでは・・。すべてのカラスの罪を背負わせるなんて
酷ですよね。
NAGA
2009/04/22 13:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
着せ替え案山子 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる