そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS イタチ哀歌

<<   作成日時 : 2009/05/20 15:51   >>

トラックバック 0 / コメント 8

画像
私は、ネコ目ネコ亜目イタチ科イタチ属のイタチです。数年前、山の暮らしを捨てて人里に下りて来ました。こんな所で暮らしていけるのか不安でしたが、とりあえず廃工場となった骨材会社の資材置き場に居を構えました。廃工場となって数十年になるでしょうか、雑草が生い茂り、身を隠すには最適です。

お向かいは廃品回収業を営む独り者が住んでいて、何やら自堕落な暮らしのようですが、たまに顔を合わせても全く無関心の様子です。飼い犬がいて、こちらは親の敵に会ったように吠えたてますが、相手は鎖に繋がれていますから平気です。

初めは家族が恋しくてホームシックにもかかりましたが、我々は単独で生きる動物ですから、やがて慣れました。噂を聞いて男たちが訪ねて来れば、熱烈な恋に落ちたこともあります。恋が伴わなくとも子どもは生まれますから、年2回、4.5匹出産すれば数え切れないほどの子を儲けたことになります。

そろそろ、そんな暮らしも終えようと思っていました。一月前に生んだ子どもを最後にするつもりです。あの子たちの巣立ちも間近でしょう。今朝の食事は川にでも行って調達しようと、道路を横切ろうとした時、猛スピードの車が襲って来ました。

何を考える間もなく、弾き飛ばされて息が止まりました。内臓が飛び出したこんな姿は、子どもたちには見せたくないけれど、もう傍には行けないことを、どうやって伝えたらいいんでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

道端に、自動車に轢かれたイタチを、ご覧になったのですね。イタチだけでなく、犬も猫も、時には蛙とか小鳥なども犠牲になっています。車社会は恐ろしいです。人間だって誰も見ていなければ、轢き殺されて、迷宮入りします。
shuttle
2009/05/20 21:04
車の前に急に飛び出す、ネコも同じですね。
イヌより、時間感覚あるいは機械の動きを見る感覚が鈍いのでしょうか。
あわぞう
2009/05/21 11:21
昔、かわいがっていたチャボがイタチに襲われ全滅したイタい思い出があります。だからイタチ母さんに同情する気にはなれないけど、家に可愛い子供たちがいるとおもうと別ですね。NAGAさん、子供たちに辛い事実を伝えてやってください。
Dorian
2009/05/21 11:41
あら、ドリ姉さん。
きょう日、大都会にもイタチは居るんですね。
こちらにはトント居なくなりました。
私はイタチ男の在所に10年間住んでいましたが、
ついぞイタチを見た経験は有りませんでした。
でも、最近は古イタチ君がテレ朝22時から頑張っています。
毎晩、酔眼でウツラウツラ見ています。

酔っぱらって居るばかりでなく、
男はいつの日にか、タチ・タテ・タラ!
阿Q
2009/05/21 12:44
shuttleさん、こんにちは。

道路の真ん中に横たわっていると何回も轢かれしまい、最後は紙切れのようになって風に吹かれて跡形もなくなります。道の隅に寄せておきましたが、翌日にはなくなっていましたので、誰かが市役所に連絡したのでしょう。電話すればすぐ引き取りに来てくれます。処理業者には千円支払われると聞いています。
NAGA
2009/05/21 13:43
あわぞうさん。

犬は最後まで諦めることなく身をかわしますが、ネコは身動きが取れなくなるようです。道路を横断中に車が来ると、ハタと立ち止まって見据えたりしてますもんね。走る車両には金縛りの効果があるのかも・・・ネコに対してだけですが。
NAGA
2009/05/21 13:53
Dorianさん、それはお気の毒なことでした。
昔、会社の賄いのおばちゃんが飼っていたニワトリが、やはりイタチに全滅させられたことがあります。頑丈な金網を張り巡らした小屋でしたが、なんでも地面を掘って侵入するようです。ネコよりはるかに獰猛ですね。
フェレットと全く同じで、後ろ足で立って、前足をこすり合わせながら通行人を見物している姿をみかけます。アレだけ見れば愛らしいんですけどね。

NAGA
2009/05/21 14:01
あら、阿Qさん。こんにちは!

イタチって、ちょっと見ではわからないですよね。タヌキのようでもあるし、猫のようでもあるし。もちろん、豚や牛とは明らかに違いますけどね。足が短くて胴長で耳が小さければ、猫に見えてもイタチです。顔が大きく胴回りが太くて、態度もデカく足が短くても、二本足で歩いていれば人間です。
NAGA
2009/05/21 14:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
イタチ哀歌 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる