そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 母性

<<   作成日時 : 2009/06/21 13:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
迷子の子猿を犬が育てているというニュースがありました。山の中で迷っていた生後間もない野生の猿を見つけて家に連れ帰ったところ、飼い犬(ミニチュアダックスフント)が乳を与えたそうです。自分の子どもも4匹いて授乳中ですから、時期的にはピッタリと嵌ったのでしょう。子猿はママ犬に懐いて背中にぺッタリ張り付いて移動しているそうです。猿だから当然だといわれればそれまでですけど。

母性は本能的なもので、母から娘へ、娘からまたその子へと受け継がれます。「本能的」という言葉に我が子を初めて予防接種に連れて行った時のことを思い出しました。柔らかい腕に注射針が刺される瞬間、胸の奥に形容できない痛みが走りました。自分の「分身」だからこそ感じる痛みなのでしょう。

国鉄の保線区で長年働いていた五平さんは、定年後アルバイトに来ていました。住み着いていた野良犬が7匹も出産して、そのほとんどを死なせてしまいました。五平さんは静かに諭したものです。「子を儲けるのは育てることができて許されるものだ。それは人間でも畜生でも変わりはない」五平さんは立派な父性の持ち主だったようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
母性 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる