そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 祝婚歌

<<   作成日時 : 2009/07/03 13:27   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
二人が睦まじくいるためには 愚かでいるほうがいい

立派すぎないほうがいい 立派すぎることは

長持ちしないことだと気付いているほうがいい

完璧をめざさないほうがいい 完璧なんて不自然なことだと

うそぶいているほうがいい

二人のうちどちらかが ふざけているほうがいい

ずっこけているほうがいい 互いに非難することがあっても

非難できる資格が自分にあったかどうか 

あとで 疑わしくなるほうがいい

正しいことを言うときは 少しひかえめにするほうがいい

正しいことを言うときは 相手を傷つけやすいものだと

気付いているほうがいい

立派でありたいとか正しくありたいとかいう 無理な緊張には

色目を使わず ゆったり ゆたかに 光を浴びているほうがいい

健康で風に吹かれながら 生きていることのなつかしさに

ふと 胸が熱くなる そんな日があってもいい

そして なぜ胸が熱くなるのか 黙っていても 

二人にはわかるのであってほしい

           (吉野 弘 『風が吹くと』)

           

                  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

こりゃあ素晴らしい詩だ。NAGAさんは、大した詩人だなあ、と感心して読んでいました。なーんだ、吉野 弘氏作か、それなら、一流の詩人だから、こう書くよね。納得!本当に癪ですが「詩人」と言う人種は、良い事をうまく表現するもんですねえ。この詩の内容に、文句の付けようがありません。
shuttle
2009/07/03 17:49
shuttleさん。驚かせてすみません。
気取らず飾らず、心に沁みる素敵な詩ですね。
近代詩は難解で近寄りがたいところがありますが
解りやすく素直な表現が大切だと思います。
NAGA
2009/07/05 14:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
祝婚歌 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる