そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS シャベル考

<<   作成日時 : 2009/07/05 15:14   >>

トラックバック 0 / コメント 3

画像
え?シャベルを知らないんですか?お砂場で砂をすくってバケツに移したり、花壇の草を掘り取ったりするヤツ?いえ、それは園芸用の小さなスコップですね。もっと大きくて土木系の道具です。シャベル、ツルハシ、クワ、、オノ、ナタ、マサカリなどのシャベル一族は別名「ガテン一族」ともいわれています。

シャベルは鉄製のスプーン型に木製の柄を取り付けたもので、人力によって作動します。このハイテクの時代にローテクの極みであり、そのため故障するということはありません。使用法も極めて簡単です。主に穴を掘るのですが、穴といってもさまざまです。生ゴミを捨てるための穴、さつま芋やゴボウを埋めるための穴、飼っていた小動物(カブトムシや金魚)が死んでしまったのでお墓を作るための穴など。

でも知らないといわれたら「取扱い説明書」が必要ですね。

■安全上のご注意 本製品を正しくお使いいただくために、本説明書を必ず最後までお読みください。特にシャベルで人を殴らないでください。死亡または重傷を負わせる危険があります。

■使い方
@取っ手の部分を右手で持ち(左利きの人は左手)地面に垂直に持ち上げ、強く落下させてシャベルの先端を地面に食い込ませます。
A取っ手の部分を今度は両手で持って、鉄の匙の右肩を右足で強く踏み(左利きの人は左肩を左足)シャベルを更に深く土中に突き刺します。
Bそのまま右手でシャベルを押し倒すと食い込んだ土が匙の上に残ります。

C左手でシャベルの柄を握り水平に持ち上げます。この時、前後に小刻みにゆすると土が安定します。それから、その土を決められた場所に放り投げます。間違っても人に向かって放り投げてはいけません。穴掘りはときたま中毒症状を起こします。不必要な穴は必ず埋め戻し「落とし穴」などに悪用しないようにしましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

またまた悪戯心を発揮していますネエ。真面目に読んでいたけど、こんな「取扱い説明書」など、あるはずがないと、はたと、思い当たりました。ユーモア精神に感服仕り候。
shuttle
2009/07/06 08:40
NAGAさん ご無沙汰しました。
> Bそのまま右手でシャベルを押し倒すと食い込んだ土が匙の上に残ります。
ムリに押し倒すと柄が曲がってしまうこともあります。
いったん曲がったものはそこが弱くなってすぐに折れることもあります。
あわぞう
2009/07/06 10:17
☆shuttleさん、こんにちは。
こちらでは「カッサライ」と呼ばれていますが、ホームセンターでは「草かき」で売られている道具があります。息子たちに説明してもわかってもらえません。孫に至っては「カッパライ?」などといわれる始末です。

☆あわぞうさん。ニチラクが届きませんでしたので、どうかされたのかと密かに案じておりましたが、ご無事で何よりです。何かしら心に深く感じたところがおありのご様子、ものごとはほどほどがよろしいということでしょうか。
でも痛快な皮肉はあわぞうさんだけのものです!いつも楽しみに拝見しているんですよ。
NAGA
2009/07/07 13:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
シャベル考 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる