そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道へ(7)

<<   作成日時 : 2009/09/12 13:43   >>

トラックバック 0 / コメント 4

動物達は皆ヒマで退屈そうでした。暑い日差しのせいもあるでしょうが、王者ライオンも孤独感に苛まれているのかもしれません。前脚が甘えているところをみると、まだ子どものようですね。おかあさんに会いたいよね。
画像


ぜい肉の欠片も見えない肢体、羨ましい限りです。
画像


檻の中から見物客を見るためか、檻に入った人間を見せるためか考えましたが、どちらも興味深いことです。トンネルを潜って顔を出すと、そこは猛獣の檻の中。運が良ければ檻の住人と目と目を合わせることができます。アルジとしては、食べさせてもらえるわけではないし「ここまで入り込んで来なくても。プライバシーの侵害だ」と心外なことでしょう。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
動物園の動物はみんな閑を持てあましているように見えますよね。
猫科の動物は夜行性なので昼間生気がないのは仕方ないですけど。
カプセルの中には2〜3人きり入れないのでしょう。
混雑時には長蛇の列ができるのではありませんか?
Dorian
2009/09/12 16:04
NAGAさん

「猿の惑星」と言う映画がありました。愚かな人間達がそれまでの文化、文明を破壊し尽くして、猿の天下になったと言う想定でした。人間は檻に飼われて、猿達の見世物になっていましたよね。全く、人間が檻に飼われて、他の動物の目にさらされたら、どんな気持ちがするんでしょうね。
shuttle
2009/09/12 19:57
Dorianさん。ライオンやヒョウやチーターなど、仕草をみているとやっぱり猫科だなぁと思いますね。猫の動作と何にも変わらないんですもの、当たり前ですけど・・・。
留守番部隊のことはとても気になっていました。ロリータには夫が朝晩、ラブコールしてましたが、かえってストレスになったかもしれません。クッキーは後から聞いた話では、玄関前に座り込み、か細い声で鳴き続けていたそうです。帰宅時にはロリータの声を聞いたのか遠くから犬のように走って来ました。長期間の不在は私たちには無理のようです。
かなり行列はできていましたが、カプセルに長時間とどまるわけではありませんので、そろそろと進みます。千円高速道の渋滞を思えば問題ではありません。
NAGA
2009/09/13 13:41
shuttleさん。この動物園では動物の自然な状態を見てもらおうというのが最初の目的だったようです。狼には狼が好む深い森を作り、遠吠えのできる環境にするとか、アザラシの水柱通過も狭い所を潜り抜ける習性を利用しているのだそうです。今まで注目することが少なかった動物の特徴を捉え、檻の前だけでなく、横からも後からも下からも上からも身近に見えるようにしたことが成功したのだと思います。
NAGA
2009/09/13 13:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
北海道へ(7) そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる