そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS さつま芋

<<   作成日時 : 2009/10/05 15:14   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像
夫が栽培したさつま芋は初めてにしては大成功でした。畑が砂地であるのも幸いしたようですが、傷や腐ったものもなく、かなり大きく育ちました。地上部の葉は虫に喰われて見る影もありませんでしたけど。20数本の苗で30sほど収穫できたのではないかと思います。私は残り物の5、6本を植えたのですが、まだ出来具合を確かめておりません。葉っぱは無事ですが、なにしろ石ころだらけの畑ですもんね、去年の二の舞でしょう。

夫は一週間ほど前に、落花生を抜いて逆さにし、網を被せて乾燥させていました。「乾燥させる時はカラスとの戦いですよ」と教えていただいたので、念を押したんですが「網を被せたから大丈夫!」と自信満々でした。ところが案の定、網を穴だらけにされて半分以上持って行かれたそうです。恐るべし、カラス軍団!

私は株から外して乾燥用の網に入れ、外に吊るして乾かしていますが、いったいどのくらい干せばいいのか解りません。もう二週間ほどになりますが、まだ生乾きの匂いがします。実は縮んだ様子でカラカラと音がしますけど。カラスは来ませんがオンブバッタが羽を休めています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

ご主人担当の「サツマイモ」よく出来ましたね。我が家のサツマイモも、もう全部掘らないと・。落花生は一度だけ作った覚えがあります。小さな豆殻が、細い根の先に一つ一つ付いていました。早く掘り過ぎて、結局、豆は取れなかった覚えがあります。
shuttle
2009/10/05 18:23
ふかしいもは ひとりでは食べない
焼きいもも ひとりでは食べない
ふかしいもの残りを 焼いて食べるのはひとり
あわぞう
2009/10/06 13:00
shuttleさん。精魂込めて育てた野菜の晴れ舞台=収穫の季節ですね。喜んだり残念がったり、手抜きを反省し詫びてみたり、今更詫びても取り返しはつかないんですが、申し訳ない気持ちでいっぱいになることもあります。所詮は素人、知らなかったための失敗もいっぱいありました。もっと勉強しなくてはいけません。
NAGA
2009/10/06 14:32
あわぞうさん。こんにちは。
「や〜きいもお〜」ですが、「や」は低く、「き」と「い」「も」は高く、「お」を更に伸ばすところに歯切れの良さと勢いがあります。
「ふ〜かしいも〜」になりますと、こうはいきません。「ふ」は低く伸ばす。「か」「し」「い」は高く、「も」で半音下がる。秋のやるせなさを感じます。
NAGA
2009/10/06 14:46
NAGAさんちはご夫婦で同じものを別々に作るのね(^^)
畑も別なんですか?
「ご主人の」サツマイモ立派ですね。
うちでは落花生もサツマイモもまだ土の中です。
落花生は干せば干すほど美味しくなるようです。
そのまま吊して保存しておけばいいと思います。
堀りたてを茹でて「茹で落花生」として食べても
おいしいですよ。
堀りたてじゃないと柔らかくならないのですが。
Dorian
2009/10/06 15:27
Dorianさん。掘りたては私メの作品を塩茹でにしました。美味しかったぁ。塩茹では面倒みたいだけど水から20分茹でて、その後塩を投入。火を止めてさらに20分放置したら塩がしみ込んで程よくできあがりました。
全く同じ物を別々に作っているわけではありませんけど、マァ、別々にやるほうが目障りでなくていいでしょう。でも失敗作は似てるんですよね。
NAGA
2009/10/07 13:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
さつま芋 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる