そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 立体花博

<<   作成日時 : 2009/10/16 16:00   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像


義妹から「プラチナチケット(つまり老人割引券)を手に入れたから」とお誘いがあったので、浜松市フラワーパークで開催されている「立体花博」を見物に行きました。常設の駐車場は閉鎖され、はるか離れた所に駐車させてシャトルバスで送迎しているようですが、開催場のすぐ傍に1000円の臨時駐車場があって、後先考えず突っ込んでしまいました。入口正面には「ほほえみのハーモニー」浜松市の作品です。ピアノ他五つの楽器が配置され『花のワルツ』が流れます。

画像


中国の作品が多く見られました。紫禁城とオリンピックスタジアムを見上げる中国原産の鹿です。

画像


世界各国の作品が展示されていましたが、花が主体ではないためか、華やかさに欠けているように感じました。動物が愛らしくていいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

「浜松市フラワーパーク」と言うのは、以前「花博覧会」が催されたところでしょうか。ここでの「立体花博」、楽しい出し物が多かったでしょうね。写真で拝見すると、「花を使った造形物」なんですね。人工的な嫌いが無いでもありませんが、これはこれで、面白いでしょう。私が訪れた「花博覧会」では、一日で回りきれないくらい、多くの花で疲れましたが・・。
shuttle
2009/10/16 17:41
花博という催しは昔からあったのでしょうか。
『花のワルツ』のようにいつまでも終わらない曲が作られたのは、こういう場所のためだったかという気がします。
あわぞう
2009/10/17 09:35
shuttleさん、こんにちは。
「花博」の会場だった所は今では「浜名湖ガーデンパーク」となり、活用されています。フラワーパークは動物園に隣接していて少し北側になります。航空自衛隊の近くですね。当日も戦闘機がブンブン飛んでいました。知らない人は「雷か?」といってましたが、知らないほうがいいこともありますね。規模としては花博の足元にも及びません。子どもたちは嬉しそうでしたけど。
NAGA
2009/10/18 13:34
あわぞうさん。1輪の花を心ゆくまで愛で、歌を詠み、思いに耽るのが昔の風流。あまりにも沢山次々に現れますと感覚が麻痺してしまうというのは、なんとももったいないように感じます。華美過ぎて目が眩むこともありますから、今回の緑が主体の造形は好感が持てたように思います。
NAGA
2009/10/18 13:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
立体花博 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる