そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 結婚詐偽

<<   作成日時 : 2009/11/13 15:07   >>

トラックバック 0 / コメント 2

結婚詐欺師が大繁盛なのだそうです。34歳の決して美人とはいえない女性の周囲では数人の男性が不審な死をとげたり、大金を取られたという事件も起きました。詐欺師が殺人まで犯すだろうかとも思いますが、多くの人が「結婚したい」と望んでいますから、その気があるようにふるまえば簡単に術中に嵌ってしまうのでしょう。

実際に結婚してしまう詐欺師もおります。友人のK子さんは長い闘病生活の末に亡くなりました。婿入りしたご主人とは仲が良くて「看病に来たようなものだ」といいながらも、亡き妻の思い出を胸に生涯を過ごすだろうと誰もが思っていました。

ところが1年も経たないうちに再婚したんですね。相手は結婚相談所を営んでいたそうですが、お客様に紹介するのをやめて自分が嫁いでしまったようです。門前に「ご縁紹介」とか大きな看板を掲げて、しばらくは幸せそうでした。しかし1ヶ月もしないうちに不幸が始まったのです。

まず同居していたおじいさんが怪死、婿殿本人も薬に溺れて仕事もできなくなりました。車を手放し、田畑を売り、生活もできなくなって、近くに住むK子さんの兄弟が収拾に乗り出しました。形勢が悪いと見るや花嫁さんは遁走、本当のご主人の元へ帰って行ったのです。

キツネやタヌキに化かされたほうがまだ始末がいいと周囲は嘆きました。命を取られなかっただけ良かったと思うしかないと、今は健常者に立ち返ったご主人はいいます。それにしてもあの世に送られてしまったおじいちゃんは、さぞや無念だったことでしょう。結婚したい症候群の方々はくれぐれもご用心を。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

このお話、本当にあったことですか。立派な詐欺でしょうね。それと最近の事件と同じような怪臭がします。殺人、殺人未遂、何でもありの世の中になって来ました。我が身を抓って、人を疑え!
shuttle
2009/11/13 20:17
shuttleさん。信じられないでしょうが、数年前に実際にあった話です。隣組の長老たちは「婿様は長く苦労したのだから是非幸せになってほしい」と大賛成だったとも聞きました。庭先で花の手入れをしているのを見かけましたけど、そんな悪女とはとても見えませんでした。外見だけでは判らないものですね。
NAGA
2009/11/15 15:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
結婚詐偽 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる