そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS お名前は

<<   作成日時 : 2009/12/23 14:25   >>

トラックバック 0 / コメント 7

画像
年末ということでテレビの定時番組は特別番組に変えられることが多くなりました。月曜日でしたか、いつもの「家族に乾杯」とかが動物番組をやっていたのですが、一目見た限りではこれがNHKかと疑うような登場人物、背景、進行具合でした。

まず出場者が児玉ナントカ、タカあんどナントカ、飯島ナントカ他で、端に座った女性がいなければ民放と間違えます。ナントカさんばかりで申し訳ないのですが我々には名前を覚えられない、もしくは覚えてもたちまち忘れてしまうという欠陥があるのです。端の女性は朝の双方向クイズに出ている人ですが、当然ながら名前を知りません。

(1)児玉ナントカさんについて。私「この人ってNHKのアナウンサーだったの?」 夫「いや、俳優じゃないかな」 私「世界不思議発見!はこの人?」 夫「ちが〜う。アタック25だったか、オセロみたいなクイズがあったじゃん」 私「ああ、神経衰弱みたいに掃除機とか自転車を当てるのね」 夫「あれは最後の付録」

(2)タカあんどナントカさんについて。私「チャットで鉄腕アトムと間違えたことがある」 夫「なんで?間違えようがないだろうに」 私「あ、テツあんどトムだっけ」

(3)飯島ナントカさんについて。私「あれ、飯島って人は自殺したんじゃなかった?」 夫「あれは飯島愛。やたらめったら人を殺さないように」

話が飛躍したのはいいのですが、どうしても名前を思い出せない人間が出てきました。日曜日の夜8時からやっていた動物番組で(当時は大河ドラマは9時からだったのでしょう)、カッパみたいな髪型でナレーションをしていました。そのため自然界に詳しいと受け取られたのか、その手の番組に度々登場。教育テレビの趣味番組にも顔を出していたように思います。真ん丸い顔の女性と一週間交代でナレーションを務めていました。ワタシは誰でしょう?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

私はテレビをほとんど見ませんので、仰っているアナウンサーもタレントも女優も誰が誰やらトンと見当が付きません。それにしても最近のテレビは、本当に下らんです。クイズみたいな馬鹿なことばっかり。知っていようが、知らないでいようが、全く生活には無関係です。私は、ニュースくらいしか見ません。それも最近ではパソコンで知る事が多くなりました。NHKの聴取料を、払うのを止めようかな。
shuttle
2009/12/24 13:26
NAGAさん、今年も残すところ一週間になりましたね。
一年が飛ぶように過ぎて行き、ダンナと二人で「もう年末だよ、また一つ歳をとるね〜」と、呆れ笑いをしています。
テレビ番組、私もニュース以外はほとんど見ませんので、俳優、女優さん、タレントさんの顔と名前が解りません。何故か皆同じ顔に見えてしまいまして・・・興味が無いせいなのでしょうね。それでも困る事が無いのですよ。
ビデオからDVDに移行し、大型テレビ2台をを購入しましたので(ダンナは居間、私は自分の部屋)夕食後にお風呂に入り、好きなDVD観賞(洋画)や読書は最高の時間です。途中で眠ってしまったりもしますけど(笑)。

NAGAさん、この一年を豊富な話題で楽しませていただきました。
来年の干支は寅。「虎は千里を行って 千里を帰る」と聞きます。来年も寅のように生きの良いお話をお待ちいたします。

ダンナの馬にもお付き合いくださいましてありがとうございます。
安田記念はどうなるのでしょうね。ダンナ、最後は笑えると良いのですが。

インコ母
2009/12/24 16:24
またまた失礼しました。
安田記念=有馬記念 でした(^^;
どうぞ笑ってやって下さいませ。
インコ母
2009/12/24 18:06
shuttleさん。いよいよ押し詰まりましたね。
民放のおふざけぶりは目に余ります。見れば必ず怒りがこみ上げて、身体に良くありませんので、健全な精神を保つために見ないようにしています。ですから今どきの芸能人を知らないのは当然ですよね。必要以上に若者に迎合し、弱者をいたぶったり、自らをバカ装いしたり、相方の頭をバシバシ叩いたり、あんなものは芸でもなんでもありません。自分たちだけが楽しめばいいのだという発想しかないのでしょう。一度背骨も凍るような硬派の作品を作ってみたらどうかと思います。
NAGA
2009/12/25 13:23
インコ母さん、こんにちは。DVDで洋画鑑賞!いいですねぇ。私も昔見た古い映画を懐かしく楽しんでいます。昔の映画はテーマ音楽が良かったですね。一節を聞くだけで印象に残った場面を鮮やかに思い出します。

ところで、ロリータは50歳になりました。最近は老化の進行も止まったようでやや巻き返し状態です。昨日ネットを放浪してましたら「65歳のキエリボウシインコ」のサイトを見つけました。もうご存知かもしれませんけど。
http://www.tsubasa.ne.jp/report/norita.html

長生きしてくれるのは嬉しいけど、80年(アメリカ)とか65年とか聞かされると不安になります。私たちのほうが先に逝ったらどうするつもりかしらね。
NAGA
2009/12/25 13:36
ロリータちゃんは50歳になられましたか!! おめでとうございますv(^^)v その上にまた若さを取り戻しつつあるとは!!!
マラソンのように、鳥生の折り返し点を曲がったところなのかしら?

何年か前に買ったインコ、オウムの本で「キエリボウシインコは50年以上生きている長寿の鳥もいます。親から子へと譲られることも・・・」と書いてありました。
NAGAさん、ロリータちゃんが折り返し点を曲がったのなら、飼い主さんも同じと思いますよ。 NAGAさんのように色々な事に興味を持たれて、エッセイとして綴るのは頭も体もしなやかで柔軟でなければ出来ませんもの。
ロリータちゃんなら大丈夫。万が一の場合は息子さんがいらっしゃいます。
出来るなら私がお世話をしたいくらいですよ!
我家のポル、私に万が一のことがあった場合は「ボウシインコを7羽飼っていて、相性が良ければ繁殖を、それが出来なくてもいてくれるのが嬉しく癒される」と
言う方と住所、電話、名前も紹介し合い、何かあった場合は助け合いましょうと約束をしております。(札幌から近い市にお住まいです)

65歳のキエリさんは「のりた君」ですね。名前までは書いてありませんでしたが、本で読んだのは「のりた君」だったのかも知れません。
日本で長寿のインコ情報は少ないと思いますので。
アメリカでは80歳も!!! コンゴウインコは100歳以上の情報も聞きましたが、それもアメリカかイギリスだったと思います。
それだけ長寿さんなら、飼い主さんのお世話+強いDNAを持っているのでは?
ロリータちゃ〜〜ん、頑張って長寿さんの記録を更新してくださ〜〜い♪
インコ母
2009/12/26 12:17
インコ母さん、励ましのお言葉ありがとうございます。
毎日頑張って生きておりますが、この頃は家の前にあるお寺の位牌堂が耐震工事中で、朝から番までトントンカンカンと音が上から降って来ます。これには負けられません。工事が始まると同時に声を張り上げてエールを送っています。
工事の人たちは屋根の上にいても聞こえるらしく「鳥かなぁ〜〜?鳥だよな」と話し合っています。一言くらい挨拶に来てもいいよね。
クッキー(猫)も14歳、なんとも高齢世帯となりました。ポルちゃんは万が一の時の避難先が決まっていて羨ましいです。どう考えても自分が一番長生きしそうなので、お経くらいは覚えたほうがいいんでしょうね。  ロリータより。
NAGA
2009/12/26 13:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
お名前は そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる