そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 100兆$札

<<   作成日時 : 2009/12/06 14:19   >>

トラックバック 0 / コメント 2

南アフリカに隣接するジンバブエ共和国は、ムガベ大統領の長期政権が続いているのですが、昨年の大統領選挙で不正があったとして、アメリカとイギリスが経済制裁を行いました。海外からの資金が途絶えて物不足が悪化、凄まじいインフレが起きて、パン一斤が100万ドルに値上がりすると、翌日には200万ドルになるというハイパーインフレに陥りました。

買い物に行くにも多量の札束を持参しなければならなくなって、登場したのが超高額の紙幣でした。50億ドルや100億ドル、1兆ドルも発行されました。
画像


さらに10兆ドル、100兆ドルとエスカレート。100兆ドルともなりますと、すでに「0」の表記は諦めたようです。ちなみに「100000000000000」となります。
画像


そんな努力もむなしく、自国通貨を放棄する事態となり「高額紙幣」は紙切れ同然になってしまいました。ネットオークションでは人気を呼んで、100兆ドル札が300円から1000円という値がついているようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

日本の戦後も、凄いインフレでした。物価の上昇で、貨幣価値が激減したのです。結局、品不足が原因なんですよね。一時大戦後のドイツもそうでした。0が幾つも並んだ紙幣は、現在でも、東南アジアとか、旧共産圏では、あるようですよ。北朝鮮も、デノミをやろうとして苦労しているようです。
shuttle
2009/12/07 08:29
shuttleさん。手の打ちようがない状態を「非常時」というのでしょうね。非常時には政府は何をやってもよくて、そのため大きな苦しみを味った人々も多かったと思います。牛丼の値下げ競争は庶民には歓迎されますけど、経営者にすれば決死の覚悟かもしれません。都会ならともかく、客が少ない地方では命取りになりかねません。経済を安定させるのは、至極難しいことなんですね。
NAGA
2009/12/08 13:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
100兆$札 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる