そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 切れ味

<<   作成日時 : 2010/01/25 13:18   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像
土・日は何かとせわしなく、昨日夕方ようやくPCにご機嫌伺いをしたのですが、ネットに繋がらずメールも送受信不能でした。以前にも何度かあったプロバイダーのトラブルだろうと思いましたので、今朝「長時間切れてません?」と問い合わせをしました。すると「私どもにトラブルの報告はありません。お客様のほうから切断されています」というではありませんか!

電源を落としたり入れたりLANの差込をやり直したり試しましたが復旧せず、NTTサポートセンターに電話しました。「あ、確かに切れてますね。繋ぎなおしておきます」で、一件落着。遠隔操作ができるんですね。原因がわからないので、しばらく様子を見ることになりました。勝手にキレないようにお願いします。

「現代用語の基礎知識」久しぶりに購入しました。「最近気になる言葉たち」から

☆「3手」女性が結婚相手の男性に求める条件で「手をつなぐ」「手を取り合う」「手伝う」ことだそうです。恋人同士となったらデートの時には手をつなぎ、結婚したら同じ趣味を持って助け合い、家事や育児に協力してくれる男性が求められているんですね。背や学歴や収入など実現多難なことばかり要求されるよりはいいかもしれませんが。

☆「圏外パパ」無事結婚しても育児に関心をもたないとこう呼ばれます。携帯電話のアンテナに例えて、育児のアンテナが1本も立っていない状態をいいます。オムツ交換やミルク作りは母親の仕事であって自分の守備範囲ではないと圏外に逃避してしまう父親のことです。私たちの年代ではそんなことは夢にも望みませんでした。(ホント!) 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
> 結婚相手の男性に求める条件
たったの3手ですか、ずいぶんお粗末な条件ですね。
あわぞう
2010/01/25 19:29
あわぞうさん、こんにちは。
「3高」はあまり見当たらないのでハードルを下げたのでしょう。
手が早い男は手を上げることが多く、たちまち手が切れることになります。
NAGA
2010/01/26 13:27
NAGAさん

結婚難の時代です。適齢期の男性も女性も、充分結婚の気持ちはあるのに、結婚できません。私が思うには、学歴の上昇と共に、相手への条件もどんどん上昇して、手が打てなくなったのだと思います。「三高」など序の口です。女性は、とことん要求を釣り上げています。本来、家庭の主婦の仕事である「育児」「家事」も男性に要求します。男も仕事で扱かれ、家では女房に扱かれるんでは、堪ったものではありません。こういう風潮が続けば、結婚したがる男は、ますます少なくなるでしょうね。
shuttle
2010/01/26 17:48
shuttleさん。最近では男性は女性化、女性は男性化の傾向がありますから案外うまくいっているのかもしれません。結婚しないのは既婚者の生活ぶりを見て怖気づいていることも考えられます。自ら苦労を背負わなくても一人でいるほうが気楽ですものね。
NAGA
2010/01/27 14:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
切れ味 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる