そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS お米

<<   作成日時 : 2010/02/15 15:52   >>

トラックバック 0 / コメント 4

お米はブランドによって選ばれることが多いのですが、あるお米屋さんのお話です。「何々産の米が旨いとか、誰それさんの作った米が最高だなんていいますが、食べる前に評価を決められて、食べた後の感想がないに等しいですね。

その米をどうやって食べたら旨かったとか、そういう反応が米屋には届かないんです。朝食べて旨いけど晩ご飯にはこの米、お茶漬けならこれ、お寿司ならこっち、チャーハンにはこの米っていう具合に、米にも適材適所があるんです」

でもお米は買い貯めるものではありませんよね。おいしくはないお米をチャーハンやカレーでごまかすこともありますが、基本的に使い切るまでは買い足しはしません。倉庫や大きな冷蔵庫でもあれば別でしょうが。

ご飯は日本人の主食ですから、ご飯が嫌いな人は少ないでしょう。「やっぱり何々産の誰それさんのお米は最高だね」というお客の声を聞きたいのでしょうね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

我が家は、お米屋さんでお米を買った、と言うことを、もう何年も経験していません。全て、知り合いの農家から、直接、購入しています。銘柄は「ミネアサヒ」と「アイチコシヒカリ」です。そう、2軒から購入しているんです。どちらも美味しいです。3俵入る「保存缶」に入れ、必要分量だけ出しては、近くの農協で「精米」します。子供たちにも、玄米で1俵ずつやっています。美味しいと思うとき、不味いと思うとき、それは炊き上がりの具合とか、体調のせいです。
shuttle
2010/02/15 17:33
本当に旨い米は、市場に出ない幻米、プロ農家の自家用米でしょう。
あわぞう
2010/02/16 09:15
shuttleさん。農家さんから直接仕入れるお米は、さぞかし美味しいことでしょうね。一升釜で炊いたご飯の美味しさに感激したことがあります。大量に炊くのも美味しさの秘訣なんでしょうね。私どものように一合だけとか、0.7合をままごとみたいに炊いていたのでは釜の底に張り付くばかりで、お米がかわいそうというものです。
NAGA
2010/02/16 14:21
あわぞうさん。隣保の葬式を隣組が手伝った時代、納屋にあったお米を炊いてその美味しさに驚いたことがありました。小粒で欠けた米粒ばかりだったのに、もち米のような食感とえもいわれぬ甘味がありました。あれはやはり「幻米」だったのでしょうかね。
NAGA
2010/02/16 14:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
お米 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる