そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 潔癖主義

<<   作成日時 : 2010/03/03 13:40   >>

トラックバック 0 / コメント 2

年寄りは汚いものだと思っている娘さんがいます。思っているだけならまだしも、ことごとく口にして非難するのは許されないことだと思います。たとえば家族で鍋物を囲めば「年寄りは汚いから箸を突っ込まないで」といいます。洗濯物を入れるカゴにおじいさんやおばあさんの物が入っていると、本人の前に投げつけて怒ります。洗濯は母親の仕事ですが、年寄りの物と一緒に洗わないように厳命されているというのです。

そんな娘の言動を親は注意することはありません。むしろ同じ考えを持っているようにさえ見受けられます。しかしですね、娘さん。ちょっと考えてみてください。シワやシミだらけでお風呂も嫌いで、本当に汚くてもあなたのおとうさんの親なのですよ。あなたの親だってやがては同じように汚い年寄りになるのです。その時もやっぱりバイキンに触るように忌み嫌うのでしょうか。

「女の子は女の子らしく」と、おばあさんがいうのは、おなたの幸せを願ってのことです。乱暴な言葉使いや、下着姿のような格好で外出するのは恥ずかしいことだと思っているのです。「るせ〜ッ」なんて女の子の言葉ではありません。いくら着飾って爪や髪を綺麗に飾っても内面の醜さは必ず外に現れるものなのですよ。

あなたの誕生を心から喜び、共働きの両親に代わって慈しんで育ててきた祖父母を何ゆえそれほど嫌うのでしょうね。「汚い」からだけなのでしょうか。そんなことでは一生お嫁さんにはなれませんよ。え?なる気なんかないですか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

年頃の娘さんの「潔癖主義」は、困ったものです。自分だけは、天下一に綺麗好きだと思っているんでしょうね。そんな娘さんは妻には迎えたくないです。男は、本来不精で、汗臭く、汚い動物です。それを嫌がられたんでは、家庭生活が円満に運ぶ筈がありません。しかし、其処は、若い女も、実は、動物なんで、汚い男を愛するんです。お祖父ちゃん、おばあちゃんを、避けるのは、そうなる筈の、自分の未来を避けたい思いからなんでしょうね。
shuttle
2010/03/03 17:37
shuttleさん。綺麗好きな女性でも「匂い」に関しては無頓着な人が見かけられます。私は比較的鼻が敏感なのか、化粧品の匂いにウンザリすることがあります。食料品を扱う店で強い香水の香りがしたり、シャンプーの残り香もあまり強いと気持ち悪いですね。加齢臭も汗の臭いも自然なものですから、余程でない限り気にはなりません。化粧品は高級なものほど香りが強いということに抵抗があるのかもしれませんけど。
NAGA
2010/03/05 13:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
潔癖主義 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる