そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨男

<<   作成日時 : 2010/04/03 15:57   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像
かねてからの計画で昨日は京都に行って来ました。問題は「雨男」が同行することです。案の定、夜明け頃から雨足が強くなり、出発時刻の6時半には台風並みの暴風雨となりました。葬儀用品店の番頭さんは傘を忘れて、コンビニで500円で仕入れてきたのですが、落下傘式の差しかたをしたために一瞬にして使用不能にしてしまいました。

雨男には雨男としての自覚がありません。参加者全員が「悪天候は彼のせいである」と信じて白い眼を向けているのに、「お天気とは喧嘩できませんなぁ」と悠然としています。出発を取り止めることはできませんから、京都は晴れていることにしてバスは動き始めました。

東名・新名神と進むうちに雨は小降りになってきましたが、到着した古都は思わぬ寒さでした。停まる先々でトイレに飛び込むほどの冷え込みです。高台寺は北政所ねねが秀吉の菩提を弔うために開創した寺だそうですが、しだれざくらが満開でした。

『ガーデンオリエンタル京都』は結婚式もできるレストランですが、コース料理は味・量ともにイマイチでした。おまけに建仁寺まで歩いて行ったものですから、お腹が空いた人も多かったでしょう。帰途、高速に乗る前に立ち寄った『井筒八ツ橋本舗』では試食に殺到していました。生八ツ橋はチョコレート味、苺味、蜜りんご、ニッキと抹茶などをお土産に買いましたけど、『夕子サン』の変身はとどまるところを知りませんね。変身といえば舞妓さんの格好をした舞妓さんでない人を所々で見かけましたが、今では中学の卒業旅行で変身する女子も多いそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

雨男は、実際におられるんですねえ。晴れと雨とを比較すれば、断然、晴れの方が多いです。雨男氏は貴重な存在です。まあ、ツアーなんかでは迷惑がられるかも知れませんね。その点、私は、「晴れ男」そのものです。ツアーに出かけて雨に降られた事は、滅多にありません。確率的に見れば、威張れた事ではありませんけれども、皆さんには重宝がられています。
shuttle
2010/04/03 21:25
> しだれざくらが満開
 なにより。

> お腹が空いた人も多かった
 健康の証拠。



あわぞう
2010/04/04 10:53
shuttleさん。「雨男」と呼ばれるだけあって、半端な降らせかたではありません。横殴りの風が吹き荒れて歩行も困難なくらいとか、一日中全く間断なく降り続けるとか、通行止めの箇所が出て迂回しなければならないなどの支障が伴います。彼が行かない時に参加しようという人はかなり多いですね。
NAGA
2010/04/04 13:41
あわぞうさん。留守番部隊の一員であるクッキー(猫)は、家の中に14時間閉じ込められ、トイレに行けなかったのですが、粗相することもなく無事でした。それが一番「なにより」でした。その後、膀胱炎を発症することもなく健康でいます。
NAGA
2010/04/04 13:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨男 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる