そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 牛の災難

<<   作成日時 : 2010/05/26 14:51   >>

トラックバック 0 / コメント 8

実家の隣の家は大規模なお百姓さんでしたので、かつては豚や乳牛、農耕用の牛を飼っていました。庭を10数羽のニワトリが駆け回り、その片隅に牛たちの飼料を備蓄するためのサイロがありました。子どもたちは空っぽのサイロの底に向かって大声を張り上げたり、サイロの縁にクチをつけて唾液がどこまで伸びるか競い合ったりして遊んだものです。

農耕に使われる牛は牛小屋の前に太い棒をわたしただけですから、ふとしたはずみに棒がコロンとはずれて落ちてしまいます。「牛が逃げたぞぉ〜〜」などと大人の声が響きますと、物陰に潜んだりオロオロと居場所を替えて隠れたものです。イノシシじゃないんですから突進してくるようなことはありませんが、もしも踏まれたりしたら命取りですもんね。

馬は蹴るんですけど、牛は蹴らないかわりに踏みつけるようです。敵意をもってわざとということではなくて、避けるための器用さがなく、つまり鈍感なのでしょう。私の身内にも牛に踏まれて死んだ人がいます。手塩にかけて育てた飼い牛が、500キロ以上はあろうかという体重で背骨と肋骨を砕いたのです。

農作業は機械任せの時代になりましたが、昔は代掻きなどは牛の仕事でした。もはや田畑で牛を見ることはありません。飼育されるのは乳牛と食用ですが、口蹄疫感染で大変なことになっていますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

宮崎県の牛の災難、伝染病に掛かったら、その時点で、殺されるんですね。病気に罹っていなくても、病原菌を保有しているかも知れないと、屠殺されるようです。宮崎県で牛に生まれた悲劇です。まあ、考えてみれば、生物は生まれながらに、宿命を負っています。人間でも大金持ちの家に生まれた子供、貧家で親の顔も知らずに育った子供、子供に選択の余地はありません。「運命論者」になって、「諦め」の精神を養うしかありませんね。
shuttle
2010/05/27 08:20
shuttleさん NAGAさん 横から失礼します。

日本人は看板のもとに集まると諦め能が働かなくなり、集団否定疫に罹るるようです。

あわぞう
2010/05/27 08:32
NAGAさんとこも相当の田舎ですね、あるいは時代の古さの所為か?
ワンスアポンナタイム
田んぼのいつもの帰り道、そこに牛が草をはんでくつろいでいました。
温和しい動物とは判っていましたが、ジロリと睨まれると余りにも大きな眼と巨体。
回り道して帰ったものでした。
嗚呼、古き良き時代でした。
牛さんも幸せな時代でした。
家族同然に大事にされ、自然の草で生涯を終えることが出来ました。
ところが今は?
BSEも口蹄疫も、自然の摂理からの「しっぺ返し」なのでしょう。
阿Q
2010/05/27 12:31
shuttleさん。牛に諦めろというのは辛いですが、人間のほうが諦め切れないことと思います。何十年もかかってようやく軌道に乗ったのでしょうし、元気でいるのに殺処分されるのは耐え難いことでしょうね。「あの子たちが・・・」と絶句していた飼い主さんを思い出しました。
NAGA
2010/05/27 13:51
あわぞうさん。何が最善で確実な方法なのか、素人には皆目わかりません。こうしなければならないといわれれば、それも致し方ないのかと思いますけど、本当に他に方法はないんでしょうかねぇ。
NAGA
2010/05/27 13:58
阿Qさん。60数年前ですもの、そりゃぁ筋金入りの田舎でした。玄関脇には尿を蓄えるカメがあって、おばあさんは立ったままカメの上にお尻を突き出して用を足していました。は?私ですか。私はそのような芸当はできません、残念ですが。
NAGA
2010/05/27 14:05
> 何が最善で確実な方法なのか

最善な方法を見つける努力をしたくない人は法律に頼ります。
法律に従ったと言っておけば文句のつけようがないからです。
法治国家とえらそうなことを言っても、法に従って動いたこと、法で裁いたことが、人々に必ず幸せをもたらすとは限りません。

最善と確実は、ときに意地悪く、うらはらになることがあります。
ほどほどの良さ、ほどほどの確実さに、いらいらはらはらしながら切り抜けていかなければならない、人間は悲しくも愚かなもののようです。
あわぞう
2010/05/27 18:58
あわぞうさん。緊急事態の場合ほど結論を急がなければならないのですが、終息後に落ち着いて考えれば、他の方法があったのではないかと思われることはしばしばあるものです。責任を問われないためにも、法律は必要なのでしょうが、責任逃れが目的ではないかと思われるような法律もあります。そもそも責任を問うのが好きな国ですので、まだ炎が治まらないというのに、追及に躍起になっていますね。
NAGA
2010/05/28 13:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
牛の災難 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる