そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 喫煙児

<<   作成日時 : 2010/06/01 15:23   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
昨日は「世界禁煙デイ」に因んでなのか「タバコを吸う子ども」の姿があちこちで放映されました。インドネシア・南スマトラ州に住む2歳児は、1日40本ものタバコを吸っているというのです。喫煙のようすが「ユーチューブ」にも投稿されたのですが、堂々たる仕草はとても2歳児には見えません。

指先に挟んだタバコをくるくる回したり、燃え差しのタバコの火を次のタバコに移すところなど、まさしくオッサンの動作でした。報道によれば、この男の子はアルディ・リザル君といい、1歳6カ月のとき父親が喫煙をすすめたことがきっかけだそうで、今では1日40本も喫煙するようになったとか。

タバコの銘柄にも拘りがあって気に入らないと暴れるそうですし、ニコチンが切れるとタバコを欲しがって頭を壁に打ちつけるほどの中毒症状を呈しています。タバコに寛容なお国柄とはいえ、児童虐待に等しいですね。喫煙のきっかけを作った父親は「息子は健康にみえるから大丈夫」と語っています。

子どもは子どもらしく心身ともに健やかに育ってほしいものです。画像は孫たちの運動会で孫娘の選抜リレー、後を振り返り振り返り、何度も振り返って走るので「後見ないでぇ〜〜!」←絶叫応援団。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

子供が煙草を吸うようになるのは、やはり家庭の環境が大きいようです。煙草吸いの親は、殆どが煙草吸いです。親が煙草を吸っていて、子供に吸うなとは言えないですよね。このインドネシアの親も、限りなく中毒に近いでしょうね。

私は煙草を吸いませんが、長男は吸います。馬鹿な子供です。もう50歳ですから、いい加減、身体のことも考えないといけません。次男は私が長男を怒鳴るもんですから、吸わずに済みました。どんなに怒鳴られても、吸いたくなるから、中毒は怖いです。
shuttle
2010/06/01 17:30
shuttleさん。とても健康に気を使い、通院を趣味としている人がいました。タバコの害が叫ばれるようになった頃、突然愛煙家になりました。といっても一日数本なんですが。ポケットに1本入れて来て昼食が済むと、おもむろにシワシワのタバコを取り出して火をつけていたものです。なんでも1本あたり数秒寿命が短くなるということで、長生きを望んでいないようでした。その割には頻繁に病院に行ってましたが、変わった人もいるものです。
NAGA
2010/06/02 13:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
喫煙児 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる