そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 汗顔

<<   作成日時 : 2010/07/23 14:08   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像
いつか書いたことがありますけど、年を取ると発汗は脳に近い所が盛んになるんですね。私の場合は若い頃には脚に盛んに汗をかいたものですが、最近では「暑い」と思うと同時に顔に汗が噴き出します。脳細胞と身体の組織が活発な時は「暑いから発汗せよ」の指令が脚に出されても十分対応できたのです。

それが鈍くなりますと、脳から遠い所に指令を出していたのでは、とても間に合わない。とりあえず近い場所で間に合わせようということで、顔や首筋に汗が流れることになります。夫は地獄谷もとい大涌谷の噴煙のような蒸気とフツフツとした汗の玉を、頭のてっぺんに浮かばせています。脳細胞もよほどアセっているのでしょう。温泉卵はできません。

鈍感が進行しますと、暑さ寒さが感じられなくなります。いつまでも冬の衣服で、いまだに厚い長袖を着ているおばあさんがいますけど、本人は暑くも寒くもないらしいですね。皮膚感覚がなくなっているのでしょうか。お風呂に入って追い炊きを続けて熱湯になってしまい、大火傷をして救急車で運ばれた人もいました。吾が身をつねって感覚を確認しましょう。今日この頃が「あっつ〜い!」と思える場合はひとまず安全といえるでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

今日は「大暑」、暑さも極まった感じです。暑ければ、汗を出して体内が高温にならないよう調整すると言います。私は昔から、先ず顔や首、胸元に汗が出ます。足や脚、背中には、あまり出ません。お説によれば、早くから老人だったわけでしょうか。中でも、顔には滴になって出ます。誠に「汗顔の至り」と言う所です。寒くても、緊張したり、恥かしかったりすると、そうなりますから、嘘がつけません。
shuttle
2010/07/23 21:24
昨夕は小学校の級友の通夜で、両手の甲から汗が出て参りました。
汗は通りやすい出口を探して出てくるのでしょうか。
あわぞう
2010/07/24 08:58
NAGAさん
物知りですね。
汗の出方は知りませんでした。
私は足の膝の裏、股間、背中です。てことはまだ若い?
女房は顔、滴り落ちています。でもこれって若い時からです。
どこから出ても汗は体温の調整でしょう。
熱中症はどうなんですかね?
sdaru
2010/07/24 11:30
shuttleさん。夫は顔に汗を出すタイプで若い頃は色白でした。本人は「汗をかくから色が白いのだ」と信じていて、陽に焼けることに躍起となっていました。私は色黒顔ですから汗が出ないのか、汗が出ないから黒いのか、どちらにしても皆さんが汗だくになっているのに、シラ〜ッとしているのは具合の悪いものでした。
NAGA
2010/07/24 16:08
あわぞうさん。手の平ではなくて、手の甲に汗が出たんですか〜。握りしめるわけにはいきませんから、大変ですね。何かの具合で汗腺が開通してしまったのでしょうか。お別れの寂しさで涙腺と合流したのかもしれませんね。お悔やみ申し上げます。
NAGA
2010/07/24 16:16
sdaruさん。昨晩は今年最高の暑さでした。ここ数日、熱中症で亡くなったというニュースを耳にします。ビニールハウスや畑、森林や土手にいたとか、家の中にいても亡くなったと聞きますと不安になりますね。水分補給を十分にしてなるべく戸外には出ないで無事に乗り切りましょう。
NAGA
2010/07/24 16:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
汗顔 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる