そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS ホメオパシー

<<   作成日時 : 2010/08/30 14:33   >>

トラックバック 0 / コメント 4

「ホメオパシー」とは、200年ほど前、ドイツ人医師が生み出し欧米各国に広がった民間療法です。病気と同じ症状を引き起こす物質を少しずつ使って「自然治癒力」を触発するというものです。治療薬は「レメディー」と呼ばれる「ある種の水」を含ませた砂糖玉で、アレルギーも精神病もがんでさえ治るとされています。

「ある種の水」は植物、昆虫、鉱物を繰り返し薄めて作りますから、実際には元の物質など存在しない、ただの水にすぎないのですが、「水がかって物質が存在したという記憶を持っている」と論じています。日本学術会議では「治療効果は科学的に明確に否定されている。効果があるとして治療に使用することは厳に慎むべき行為である」と発表しました。

ところが、医療関係者の間では急速に広がって「ホメオパス」という施療者の養成学校までできているというのです。有名タレントが公的な場で「ホメオパシー」を推奨する発言も問題ですが、民主党政権は「西洋医学と伝統医学の統合」の方針を示し、「統合医療プロジェクトチーム」で「ホメオパシー」を対象とすると明記しています。

民間療法や健康食品に救いを求める人々は多くいますが、それによって通常の医療から患者を遠ざけてしまう危険性 もあります。科学的に否定される療法を公認し、支援する根拠はなんでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

全く知らない話題です。早速ネットで検索しました。仰るとおりの記述がありました。学術会議などでは、効果はないとしています。全否定です。これを信じていた為、手遅れになった例などを挙げています。まあ、信じている人には、精神的な安らぎを齎し、何ほどかの効果があるのでしょうね。
shuttle
2010/08/30 18:41
> 科学的に否定される療法を公認し、支援する根拠
豊芦原の瑞穂の国、神国ニッポンのこころ、ヤマとダマシい。
あわぞう
2010/08/31 08:27
shuttleさん。信ずるなら最後まで、たとえ手遅れになったとしても、信じたことが正しかったと思えれば、幸せなのでしょう。ただ人の心はさまざまですから本人が納得していても、家族が苦しむ場合もあります。嫌がる本人を無理矢理説得し最先端の医療を受けさせても、助からない場合もありますから、単純に「騙されるな」というのも酷という感じはします。
NAGA
2010/08/31 13:48
あわぞうさん。私はへそ曲がりですから、オカミが手を貸す所には必ず甘い汁があるのだと思っています。汁はどんどん甘さを増して、とうとう「メロンより甘いとうもろこし」が出現、とうもろこしなんて、そんなに甘くなくていいんだってば・・・とは関係ない話でした。
NAGA
2010/08/31 13:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホメオパシー そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる