そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 消える高齢者

<<   作成日時 : 2010/08/12 14:22   >>

トラックバック 0 / コメント 7

画像
所在不明の100歳以上高齢者が増え続けています。「数十年も連絡を取り合っていない」「ある日ふらっと出て行ったきり帰らない」など家族とは思えないような証言もあります。90歳以上に対象を広げたら信じられない数の不明者が出ることでしょう。

震災や交通事故にあったとか、北朝鮮に拉致されたのならともかく、平穏な暮らしをしていて突然いなくなるのはなぜでしょう。事情は複雑でしょうが、おそらく我慢の緒が切れたのかもしれません。夫婦二人暮しであれば相棒に愛想を尽かし、息子夫婦と同居ならすねかじりに嫌気が差し、孫たちに話しかけても鼻であしらわれる日々に、ほとほと我慢できなくなったのかもしれません。

配偶者や親子は遠慮とか慎みとは無縁です。嫁や婿にしたって遠慮は初めのうちだけで、やがて家族と一緒になって年寄りを忌み嫌うようになります。どこかおかしいと思いつつ、ある日ハタと気がつきます。「そんなに邪魔なら出てってやるわい。一人だって生きられるもんね。戦時中を思えば楽勝だ」

出て行かれたほうも、これ幸いと思いますから真剣に探すことはないでしょう。威張り散らして文句ばかりいっていた邪魔者が消えたのですからありがたいことです。「二度と帰ってやるものか」「勝手に出てったんだから、もう帰ってこなくてもいいよ。どこに住もうが関係ない」という具合で、30年は過ぎてしまうのですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
いっときが 今生のものとなり アラトリー
あわぞう
2010/08/12 15:03
100才以上の人の生存が問題になり 大きく報道されて世間の話題に
なっていていますが 日本の戸籍簿は確実性が高いと想っていたら
事務的な処理が主体ですね
我が家は家内と二人だけで不安な日々ですが まあこんなものだと
気楽に想える程度の日々です。
八十路男杉
2010/08/12 15:42
あわぞうさん。家族関係が希薄になったからだとか、家制度が崩壊したのが原因だとか色々いわれているようですが、昔だって行方不明の年寄りはいたのだと思います。泉重千代さんやキンさん・ギンさんあたりになると随分大切にされている様子が伝わってきました。テレビに出るような年寄りは裕福な家庭に恵まれていますが、その他大勢は邪魔者扱いされ身を縮ませて暮らしているというのが現実ではないでしょうか。
NAGA
2010/08/12 16:53
八十路男杉さん。ようこそお越しくださいました。
老後は夫婦二人で仲良く暮らすのが理想だと思います。お互いに感謝を忘れず敬い合って、やがてはオムツを取替え合う覚悟で長生きしたいものですね。
NAGA
2010/08/12 17:01
NAGAさん

高齢者が、本当にある日、ぷいと家を出て行く、などと言う事があるでしょうか。家庭不和が原因でしょうが、怒りに任せて家を出ても、きっと帰って来る筈です。尤も、行き倒れの身元不明者は、何千人もいるそうですから、ありうる話ではありますが・・。

問題は、その人なり、その連れ合いなりが、年金受給者の場合です。高齢の肉親が不明になっても、平気で受給を続ける神経です。家族制度はとうに崩壊していますが、親への愛情はなくなっても、お金への執着だけは残っていると言うのが、浅ましいです。
shuttle
2010/08/12 20:11
shuttleさん。不況で就職難だといっても定職にもつかず親の年金で暮らすパラサイトシングルなどを見ますと、将来どうするつもりなのかと薄ら寒い思いがします。年金を家族の貴重な収入とする家庭も多く、親の死や行方不明を届出て打ち切られるのは困るので、隠しておけるものなら知らん振りをしようということでしょうね。
NAGA
2010/08/13 15:41
pIcLBL http://www.LnAJ7K8QSpkiStk3sLL0hQP6MO2wQ8gO.com
Barnypok
2017/04/02 03:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
消える高齢者 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる