そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS かくらん

<<   作成日時 : 2010/09/11 14:01   >>

トラックバック 0 / コメント 4

常日頃丈夫なものですから、たまに病気などすると「鬼の霍乱(かくらん)」だといわれます。同僚の葬儀では残された子どもの姿に涙したら「鬼の目にも涙」かといわれました。私は巳年ではありますが鬼でもなければ大蛇でもありません。ところで「霍乱」は、夏の季語だそうですから、「暑気あたり」や「日射病」を指すのでしょうね。時代によっては「急性胃腸カタル」「コレラ」「チフス」のように急激に悪化する病気を指すこともあるようです。

辞書の記述もさまざまで、『広辞苑』=暑気あたりの病。普通、日射病を指すが、古くは吐瀉(としゃ)病も含めて用いた。 『明鏡国語辞典』=漢方で日射病。また、激しい吐き気や下痢を起す急性病。 『精選版日本国語大辞典』=(「きかくりょうらん(揮霍撩乱)」の略。もがいて手を激しく振り回す意から)暑気あたりによっておきる諸病の総称。現在では普通、日射病をさす。

『デジタル大辞泉』=漢方で、日射病をさした語。また、夏に起きやすい激しい吐き気・下痢などを伴う急性の病気をいった。 『三省堂国語辞典』=暑さにあたって、はいたりくだしたりする急性の病気。暑気あたり。 『新潮現代国語辞典』=漢方で、日射病。又は夏に激しい吐き気・下痢を起す急性の病気。

さて『シンカイ』(新明解国語辞典)さんの登場です。「日射病・急性腸カタルなど、夏起こしやすい急性の症状」の意の老人語。とあります。老人語なんですってよ!霍乱は。老人の心を撹乱するような記述だと思いません?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

暑さで消化器系統も弱ってきました。第一、食欲が起きません。水分摂取が多いので、常に満腹感があります。先日、外食をしたら、急に腹痛を覚え、トイレに駆け込みました。ところがうまく行きません。腹は痛いし、どうなってしまったのだろうと、怖れました。「霍乱」そのものです。やはり老人に関係がありますね。
shuttle
2010/09/11 18:37
鬼の霍乱が珍現象なら、鬼は老人にならないのでしょうか。
鬼婆は若いのに怖い人をさすのでしょうか。

これはいかん、熱射頭の自覚症状!!
あと2週間、頑張りましょう。
あわぞう
2010/09/11 19:48
shuttleさん。それは大変でしたね。大事に至らず何よりでした。今年は異常な暑さでしたから、身体も無理をして頑張ったのでしょう。くれぐれもご自愛ください。
NAGA
2010/09/12 16:27
あわぞうさん。「シンカイ」さんは痛烈です。「老齢」は普通の辞書では「年をとっていること」とされていますが、「シンカイ」さんにかかると「年を取りすぎていること」となります。用例として「老齢艦」=老朽して役に立たなくなった軍艦。「年を取りすぎていること」の「過ぎて」には「役に立たない」という意味があるらしいのです。
NAGA
2010/09/12 16:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
かくらん そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる