そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 知能

<<   作成日時 : 2010/09/14 17:32   >>

トラックバック 0 / コメント 4

知能指数は(精神年齢÷暦年齢)×100という数式で求められ、140以上は「英才」を示すと分類されています。例えば5歳の子どもが5歳児用の問題をすべて通過して、さらに6歳児用を6問中4問正解、7歳児用を3問、8歳児を2問、9歳児用の問題を1問通過したとします。

5歳+12ヶ月×4/6+12ヶ月×3/6+12ヶ月×2/6+12ヶ月×1/6=5歳20ヶ月=6歳8ヶ月 したがって知能指数は 6.8歳÷5歳×100=136 ということになります。「10歳で神童、15歳で天才、20歳を過ぎればただの人」といわれますが、子どもは環境に左右されやすく、年齢とともに知能が発達しますから知能指数も高くなるのでしょう。知能指数が高いからと特別喜ぶようなことではなさそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
本能指数=(暦年齢÷精神年齢)×100
あわぞう
2010/09/15 08:50
NAGAさん

「知能指数」など、誰が言い出したのでしょう。私も教育系大学でしたから、学習した覚えはあります。しかし、余り当てにならない指数のようです。エディソンが、小学校時代劣等生だったことは有名です。現在、経済犯罪など犯す連中は、東大出が多いです。中国の偉人が言っています。「知恵をつけると、悪用するだけだ」。知能指数など高くなくても、実生活には困りません。それより、人間性の陶冶に努めたいものです。
shuttle
2010/09/15 09:59
あわぞうさん。数年先の私の「本能指数」を計算してみました。
暦年齢(70)÷精神年齢(50)×100=140
この場合、140以上は「知恵遅れ」ということになりますかね。
NAGA
2010/09/15 15:22
shuttleさん。知能検査は1905年にフランスの心理学者ビネーが医師シモンの協力を得て考案したとされていますが、この手のものは早く言った者勝ち、後は野となれ山となれという感がします。
NAGA
2010/09/15 15:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
知能 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる