そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS おエライさん

<<   作成日時 : 2010/10/11 14:16   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像
昨日と一昨日は秋祭りだったのですが、10日は朝から晩まで雨でした。移動も不自由で屋台の引き回しも中止になりました。昨日は昼頃から晴れてきてどうにかお祭りらしく賑やかな人出となりました。甘酒は上手にできて評判も良かったようです。

どこの世界にも無意味に威張る人がいるものです。投げ餅を拾えない人のために袋に詰めたのですが「赤と白半分ずつね」といえば「そんなこと当たり前だ!」ですって。「そうだな」で済むことでしょうに・・・。
甘酒を持ち帰る人のためにペットボトルに入れました。通りかかったエライさんが「なんでそんなことするんだ。オラの時はやらなんだ」「オラの時っていつ?」「3年前」 3年も経てば少しはやりかたも変わるでしょうよ。

今朝は8時から後片付けに出たのですが「おはようございます」といっても無視。その人は準備のために働いた先週には夫婦で出てきませんでした。出てくれば大威張りでことごとく文句をいいます。我慢を超えて抵抗したので、周囲に私のことを悪くいったようです。「いくら飲んでも顔に出ないふてぶてしい女」なのだそうです。でも嫌っている私のことをあちらさんも嫌っていると知って気がラクになりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

そのエライさんは、地元の有力者なんですか。私の部落の区長さんは、市では「部長」さんで、いわゆるエライさんでしたが、とても頭も低く、気を使う人です。街頭交通始動でも、お祭りの指揮でも、真っ先に身体を動かしています。こう言う人は、エラそうな事は言いません。「ご苦労様です、ご苦労様です」と参加者に言っています。命令口調で話す人は、上司から、始終命令を受けているので、オウムのようにその口調で喋るんでしょうね。
shuttle
2010/10/11 17:48
言い合いの好きな人は、言い合いの相手を待っている。
待っていて来なければ現場調達、喧嘩にならないこと以外に工夫は要らない。
何か言ってくれそうな人を見つけ、言いがかりをつける。
「はい」でかわされれば「次へ」、PCのダイヤログに似た構図。

相手に腹を立てさせる言い合いはまだまだC級。
年に一度の秋祭りでは、B級へ昇格はいつのことか。

エライさんは思う、今日は相手が見つかったから、まぁいぃか。
あわぞう
2010/10/12 08:58
shuttleさん。特に有力者ではありませんが生え抜きの地元出身で自分は他の者とは違うのだと強く主張します。どう違うのかというとお爺さんが「そろばん塾」をやっていたとか、一門の本家からの分家であるとか。サラリーマンだったようですが、それほど出世はしなかったみたいですから、上司の口調を真似ているのかもしれませんね。
NAGA
2010/10/12 13:58
あわぞうさん。相手をさせていただいたと思えばいいのですね。私は見かけによらず争いが嫌いで、たとえ言い合いをしても必ず原状復帰に努力する人間です。長い間には嫌な思いをすることはありますけれども、その後は何時出会っても笑顔で挨拶できるように心がけています。しかし今回はそんな努力などしなくてもいいのではないかと思いました。威張った側とたてついた側、双方に非があるんですからね。
NAGA
2010/10/12 14:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
おエライさん そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる