そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS ダンシャリアン

<<   作成日時 : 2011/01/27 15:11   >>

トラックバック 0 / コメント 6

「断捨離」の提唱者であるやましたひでこさんによれば、部屋の中に無駄で不要な物が堆積しているのは、人間で言えば長年にわたり老廃物が体に溜まった状態と同じであるとしています。物との関係性を見直し、不要な物を処分することが断捨離の第一歩ということで、断捨離を実践する人は「ダンシャリアン」と呼ばれ、日々増殖中です。

AERAによれば、断捨離=入ってくるいらない物を『断』ち、ガラクタを『捨』て、物への執着心から『離』れて自在の空間へうつる ことだそうです。モノサシとしては(1)自分の「快」を大切にする。(2)「今」を基準に置く。(3)まず空間ありきと考える。と挙げています。

簡単にいえば「今の自分に必要で、手元にあれば心地よく、場所も取らない」なら残す基準を満たしているといえるのでしょうか。でも、今日気に入っていても、明日になれば邪魔になるってことありません?断捨離は毎日実行する必要があるのかもしれません。そのうち自分自身が一番「捨」の候補になったりして・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
シニアナビ経由で来ました。
少しずついらないものをまとめて捨てる準備をしています。
いつか使えるだろうと思ってためたものの多いことに驚きます。
ダンシャリアンを目指しています。

ブログ:http://yokido.cocolog-nifty.com/
ripple
2011/01/27 16:22
「一創二整」
こう書いて壁に貼り、減ったものはM&Wでした。

M&W? 千変随意。
あわぞう
2011/01/28 09:12
NAGAさん

「断・捨・離」ですか。過去に執着の強い私には、無理なようです。家内も同様ですから、箪笥がいくつもあり、引き出しには着もしない衣服が一杯詰まっています。書斎には読みもしない本が、ぎっしり。しかし、それで何か安心しているところがあります。「無用の用」と老子も言っています。折角自分に縁が出来たんですから、そんなに邪険に扱わないで、と衣服や本が言っています。
shuttle
2011/01/28 13:34
rippleさん。遠路はるばるようこそお越しくださいました!
シニアナビにはすっかりご無沙汰です。
ブログ拝見しました。あまりの素晴らしさに呆然としています。
これから毎日お邪魔するでしょう。読み逃げが申し訳ないのですが。
NAGA
2011/01/28 14:03
あわぞうさん。「一創二整」で、走者一掃の二塁打を連想してしまいましたが、何の関係もありませんよね。Mが無駄、Wが労働であるとしたら、日々地道な努力をするより、一気に箒で掃き出すほうがワタクシ向きのように思います。
NAGA
2011/01/28 14:23
shuttleさん。片づけられない症候群の人が話題になりましたけど、その反動で出てきたもので、大仰に定義するほどの思想ではないと思っています。他人とのつき合いが複雑になれば、それも断捨離をといいかねない気がします。どんなものにも思い出がありますから、要らなくなったからといって簡単に捨てることはできません。そういうしがらみが生きる糧になっていることもありますし。
NAGA
2011/01/28 14:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダンシャリアン そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる