そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 応接機

<<   作成日時 : 2011/02/25 15:25   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像
銀行で新しく通帳を作りたいとき、今や窓口では扱ってくれません。ものすごく狭い個室に閉じ込められて、テレビ電話で係の人と向き合い、その誘導に従って作るのです。身分証明に使う運転免許証などはキャッシュカードを差し込む感じで読み取ってもらいます。さまざまな質問に答えているうちに、いつの間にか必要書類が完成するのですが、でき上がるとファクスのようなもので電送されます。受話器が置いてありますけど、何しろ密室ですから声が響いて受話器など必要ありません。

壁の向こうに係員が座っているのではないかと思ってしまいます。そんなにナマ顔を見せたくないのか、見せられないような顔なのか。対人恐怖症って病もありましたけど。あ、銀行強盗を恐れているのかな。
以前は100円か1000円とか預金しないと通帳は作れませんでしたが、今は1円も入金する必要はないとのことです。出来上がった通帳は麗しい行員から手渡されるはずだと儚い期待を抱くのも無理のないことだと思います。

ところがです。機械は働き者なのです。登録が終わった後に、ATM機で「通帳作成」のボタンを押し、暗証番号(通帳作成番号)をピポパッと押しますと、ニューッって感じで通帳が現れます。「ご利用ありがとうございました。ちょっとちょっとお客さん、ご返事は?」←ATM機。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
> ちょっとちょっとお客さん、ご返事は?

顔つき次第ではドアが開かない、トカ。
あわぞう
2011/02/26 08:44
NAGAさん

最近新しく銀行「通帳」を作ったことはありません。そんな風なんですか。へええ。通帳が満杯になると、今では、次の新しい通帳が、自然に出てくるとか。通帳を管理し、引き出すのも家内専門ですから、私は知りませんでした。預金は専ら「年金」が振り込まれるだけ。支払いも今では、カード決済です。知らない間にどんどん残高が減って、通帳更新。便利ですがお金は、もう自分の物と言う感じではなくなりました。
shuttle
2011/02/26 12:33
あわぞうさん。それグッドアイディアです。ドアが開かない条件としては、臭い人(タバコ、アルコール、加齢臭)太った人(特に腹回り)顔のデカイ人(パーツのデカさも含む)くらいでいかがでしょう。
NAGA
2011/02/26 13:30
shuttleさん。10年ほど前、孫に通帳を作ってやろうとしたら、同居の家族でなければ駄目だと断られました。身分を明らかにしてもです。「そういう法律になったから」の一点張りでした。対面でなく機械操作で通帳ができるのも、そういう法律ができたからでしょうね。騙されて不正な口座が開設されても見抜くことができない機械が悪いということになるのでしょうか。
NAGA
2011/02/26 13:38
えぇ〜そんなになっているのですか?
私はすごく機械に弱いです。 パソコンも事故で頚椎を痛め
握力は洗濯バサミも開かないくらい・・・震えも止まらない
そんん必要に迫られてのリハビリでした。
へそくりも下ろせなくなったら・・・笑い事ですむうちは良いけれど
呆けないように頑張らないと・・・
fumiko202
2011/02/26 16:35
fumiko202さん、こんにちは。握力が弱いのは不自由ですね。日常生活では「握る」ものが多いですから、大変なことでしょう。お身体を労わってお元気にお暮らしくださいね。
NAGA
2011/02/27 16:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
応接機 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる