そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 原発

<<   作成日時 : 2011/03/25 17:24   >>

トラックバック 0 / コメント 7

40年以上経った原発は部品を取り替えて運転を継続するか廃炉にするか検討されます。どちらが経済的かの判断が迫られるのですが、廃炉工事で解体にかかる総費用は885億円といわれます。福島原発は再使用は難しいとの見解が示されましたが、すぐさま廃炉、解体されるのではなく、とりあえず「閉鎖」の措置がとられるでしょう。もちろん制御が可能になってからの話ですが。

閉鎖とは発電を止めて、核燃料を取り出しておくことですが、発電している時と同じように、水を入れて動かし続けなければなりません。水の圧力で配管が薄くなったり、部品の具合が悪くなったりしますから、点検も怠ることなく補修をし、放射能が外に漏れ出さないようにしなければなりません。放射能が無くなるまで、発電しているときと同じように監視し、管理をし続けなければならないのです。 

それがいつまで続くのか、管理しなければならない核のゴミのために、膨大な電気や石油がいるのです。現在の原発が作っている以上のエネルギーになることは間違いないでしょう。日本が原発を始めてから1969年までは、どこの原発でも核のゴミはドラム缶に詰めて、近くの海に捨てていました。その頃はそれが当たり前だったのです。業者がドラム缶をトラックで運んで船に乗せ、海に捨てたドラム缶は一年も経つと腐ってしまうのに、中の放射性のゴミはどうなるのだろうか、などという心配はしませんでした。

現在、原発のゴミは青森の六ケ所村へ集められています。全部で300万本のドラム缶をこれから300年間管理するそうですけど、300年ももつドラム缶があるのでしょうかね。というか、廃棄物業者が300年間も続くのかどうか。
世界各国が原発を考え直している現在、浜岡原発では停止していた炉を来月から再稼動させるんですって!いったい何を考えているんでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
原子の力という、目に見えないものにすがってしまったのが間違いの始まり。
神は、人間のその場の都合だけでは、いうことをきいてくれないのでした。
5年か、10年か、あるいはもっと永くか、償いを背負わされます。

   償いは覚悟の前の原子力
あわぞう
2011/03/26 09:59
あわぞうさん。「計画停電」とかで「無計画停電」に躍起になっている東電ですが、田舎者から見れば節電の方法はいくらでもあると思うんですね。テレビの深夜放送は止めて昔のように0時になったら「君が代」を流して終了すればいいのです。昼間も時間を決めて合計3時間程度の放送で十分です。コンビニなどの24時間営業も犯罪を予防する反面、溜まり場になることもあります。自動販売機も多過ぎますよね。便利な暮らしもほどほどにしなければいけません。
NAGA
2011/03/26 16:23
NAGAさん

原子力関係にお詳しいので、驚きました。確かに電力の需要が増えて、原発が日本中で50基以上も作られたと言うことですが、一旦、破壊されると修復に、莫大な費用や労力が掛かるのですね。特に放射線被害を心配しなければなりません。出来れば別の電力源を、得たいものです。それが叶わないなら、「オール電化」などと言うことは止めて、慎ましい生活に戻ることですね。
shuttle
2011/03/27 16:23
shuttleさん。浜岡原発から25キロ程度離れているだけですと、情報には敏感になります。浜岡は山側ではお茶を栽培し、遠州灘を望む砂丘でメロンやネギ、さつま芋をつくるのどかな所でした。原発によって受けた恩恵は雇用や地元に入る税金、道路整備など大きなものだったでしょうが、必ず代償を求められる時が来ると思います。
NAGA
2011/03/28 17:31
ヒカルさん。こんにちは。
「救世主スバル元首様」に救っていただく気はありませんので
勝手ながら投稿は削除させていただきます。
NAGA
2011/03/29 15:40
こんにちは。ごぶさたしています。もう時間の過ぎた話題ですが、私も一言。
あの福島第一原発というのは欠陥原発ですね。地震対策は出来ていても、津波対策が出来ていなかった。百年ほどさかのぼっても、あれ程じゃなかったにしても10mを越えるような巨大津波はあったようで、それにも耐えられなかっただろうという説があります。つまりその地の津波対策としては全く不十分だったそうです。
そういう原発がそれでも存在してきた理由は第一に東京電力の企業体質にあります。東電は、我らが電力を供給して「やっている」から、産業も社会も維持できているいるのだ、という強い自負があります。かつての原発事故の時にもその態度は表れていました。
だからもう、強権でもって東電をつぶすべきです。会社をつぶすなんて簡単、何も設備を壊すわけでありません。経営陣(あるいは部長級以上)を全てクビにすれば良いのです。今回の、国家級社会不安をもたらした責任を取らせるのです。そうでなければ社会秩序が保てません。
ニキ
2011/04/09 10:18
ニキさん、ご無沙汰でした。原発の危険性を訴えた人々は多くおられたのでしょうが、震度5以上の地震や10M以上の津波は起きるはずのない「想定外」のことで、従って対策の必要なしとされてきました。安くてクリーン、「安全神話」のもとに「あるはずのない危険」を心配することはありませんでした。浜岡原発は「砂丘が堤防の代わりをするから大丈夫」などといっているありさまです。一刻も早く全ての原子炉を止めたいところですが、それが無理ならせめて新しい原子炉を作るのはやめるべきです。事故炉の収拾と補償など莫大な費用がかかり、国民の税金を投入せざるを得ないのは情けない限りです。
NAGA
2011/04/09 13:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
原発 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる