そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 震度7

<<   作成日時 : 2011/03/12 14:29   >>

トラックバック 0 / コメント 4

午後のひとときをぼんやり過ごしていたところ、めまいがしたと思いました。家が揺れていると気づかなかったのです。東北地方を襲った巨大地震はM8.8という信じがたいものでした。大津波の被害も時間の経過とともに次々に明らかになり惨状に胸が痛みます。宮城では震度7を記録したそうです。

気象庁によると、震度6強や7の揺れが起こると、人は立っていることができなくなり、はわないと動くことができないそうです。揺れによって飛ばされることもあり、屋内では固定していない家具のほとんどが移動するとか。テレビや書棚など重い家具が倒れたり飛んだりするのでしょう。

壁のタイルや窓ガラスが破損したり、落下することも多くなるようです。補強されていないブロック塀はほとんどが崩れるとされますが、「補強されてないブロック塀」とは鉄筋が入っていないということなのか、それなら今では許可が下りませんよね。震度7では補強されていても破損するものがでてくるとされていますから、グニャ〜リと曲がったり、ブロックがバラバラと剥がれ落ちるのだと思われます。

「木造住宅は耐震性が低いと壁などに大きなひび割れや亀裂が生じ、建物が傾いたり、倒壊したりするものが増える。震度7では耐震性が高くても壁などにひび割れや亀裂が多く見られ、まれに建物も傾く。一方、鉄筋コンクリートの建物は耐震性が低いと壁やはり、柱などのひび割れや亀裂が増加。1階や中間階の柱が崩れて倒壊するものも出てくる。特に震度7では耐震性が高くてもひび割れや亀裂が見られ、建物の1階や中間階が変形したり、まれに傾く」と説明されています。

また、地盤には大きな地割れが発生。崖崩れが多発し、大規模な地滑りや山の崩壊も発生することがあるそうです。海面が生き物のように建物や車や田畑をのみこんでいくさまは津波の恐ろしさを教えてくれました。地球が怒りに震えているかのような、非情な自然の力には無力感がこみあげてきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
道路、鉄道線路より高く、丈夫に。
乗せておくだけの橋梁はだめでした。
あわぞう
2011/03/13 09:36
あわぞうさん。津波の恐ろしさがこれほどとは!信じられない思いです。津波が襲う(伝播)スピードは水深によって異なるそうですが、水深が深いほど陸に押し寄せるスピードが早い(津波の速度(秒速)=√9.8×水深(m))とか。「チリ地震津波」の場合、22時間30分後、約17,500Km離れた日本の三陸沿岸に到達。太平洋の平均水深が約4000mとして、津波は約770Km/hの速度で襲ってきた計算となるそうです。ジェット機並みですねぇ。
NAGA
2011/03/13 13:44
私のところは グラットきて そのまま停電 夕方になっても電気も
電話も通じなくなりました。 蝋燭の明かりで夜を過ごしました。
戦時中のことを思い出しておりました。 電灯に黒い布をかけて
うなり声のするようなラジオを聴きながら 母の横で繕い物をしていたことを・・・
改めて電気のありがたさを知りました。
夜中の二時でした ヤット電気が点きテレビを見て驚きました。
ラジオでは 静岡県のことを繰り返し放送していただけですが こんなことが
起きていたのか・・・と
fumiko202
2011/03/14 14:43
fumiko202さん、こんにちは。一晩停電したんですか、大変でしたね。原子力発電所のトラブルが続いていますが、ここは浜岡原発から25キロくらいしか離れていないのです。大きな事故があれば避難対象になる距離です。今まで「安全だ。心配ない」の一点張りで都合の悪いことは隠していたようですが、今後厳しい視線が集まるでしょうね。
NAGA
2011/03/14 16:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
震度7 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる