そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS なぎの木

<<   作成日時 : 2011/05/24 13:46   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
「なぎ」はマキ科の常緑高木で、幹は家具用、樹皮は染料に用いられます。昔から「さま」付けで呼ばれるお宅には、二階建ての母屋の屋根よりさらに5mほど高くなぎの木がそびえています。樹齢数百年と聞きました。初めてその名を聞いた時には、海辺の近くですから、穏やかな波の状態である「凪」を意味するのかと思いました。昔は漁師も多かったでしょうし。強風に吹かれていっせいに葉が裏側を見せるときなど、まるで凪いでいる海のように見えたのです。

別名「百人引き」とも「千人引き」とも呼ばれるそうです。葉を半分にしようとしても容易には裂けません。そのため百人あるいは千人の男たちが引っ張っても裂くことができないという意味があるようです。先日、お寺の庭で小さな幼木を見つけました。薄緑の小さな花が申し訳なさそうに咲いています。(写真)

町の木は「松」なのですが、この辺りだけは「なぎの木」ということになっています。図書館と並ぶコンサートホールは「なぎの木会館」と名づけられました。音響効果が良いといわれていますけど、お笑い芸や手品ではよくわかりません。本格的なオーケストラを聴いてみたいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
イワキョー、できるといいですね。
あわぞう
2011/05/25 08:36
あわぞうさん、こんにちは。
「イワキョー」はありませんが「ハマキョー」はあります。後輩が所属してまして、何という楽器か知りませんが、長い金管楽器を床に置いてポコポコと練習してたのを思い出しました。
NAGA
2011/05/26 13:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
なぎの木 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる