そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS なでしこ

<<   作成日時 : 2011/07/29 17:31   >>

トラックバック 0 / コメント 4

「なでしこジャパン」の快挙は素晴らしいものでした。まだまだ興奮が収まらない状態ですが記者会見をテレビで見ていた女性がいいました。「沢さんて、髪を後に束ねてたほうがいいねぇ。あんなにどっさり横に垂らしても似合わないじゃない?」同席の女性が「やっぱりオンナノコだからロングヘアに憧れるんだよ」

「でも素晴らしい美人てわけじゃないんだから、凛々しい格好のほうがいいよ」隣の席のお爺さんが「あんた、それブスってこと?失礼な。そんなこというもんじゃない」「ブスだなんて誰もいってません!」「いってるのと同じだ!」まぁまぁ、おさえておさえて。

「なでしこ」は、漢字で書くと「撫子」 送り仮名を入れると「撫でし子」です。「し」は「過去の助動詞」で「来(こ)し方」の「し」と同じように使われています。ひとつの単語が名詞として定着してしまったのでしょう。「撫でる」は「腕撫(ぶ)す」(腕をぶして待つ)などとも使いますから、「ぶす」とも読まれるんですね。こら!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

「なでしこ」は、「愛撫した子供」の意味だったんですか。驚いたなあ。この年にして教えて頂きました。花の名前には、あまり興味がなくて、漠然と見ていました。日本人女性全般を「大和撫子」と美称するのは知っていましたが。なでしこジャパンは、優勝して、値打ちが上がりました。これが準優勝では、余りチヤホヤされないでしょう。なんでも一番でなくてはいけないんですね。「2番では駄目なんでしょうか」と言ったどこかの叔母さんは、非難を浴びていますね。
shuttle
2011/07/29 19:59
才女のアピール症は、飛び散るウイルスで人びとの鼻を傷めます。

透明マスクを開発して才女苑の売店に卸す、という新商売を思いつきました。
あわぞう
2011/07/30 09:37
shuttleさん。「やまとなでしこ」は忍耐強い日本古来の女性の名称であり、「なでしこジャパン」は男目線で男が名づけたケシカラン名前だと息巻いている女性がいましたが、それならそれでいいではありませんか。男子チームのように監督の名前を冠するより、選手を尊重していると思います。
「二番でもいい」のは自分にはあまり関係のないことだからでしょう。子どもの出来も妻としての立場も一番がいいに決まってます。
NAGA
2011/07/30 13:17
あわぞうさん、こんにちは。
一時期 誰もがマスクをしていた光景は消えました。東北ではまだまだですけど。透明のマスクも素晴らしいですが、顔中覆うマスクも良いものです。
 マスクして 風邪のふりして 会話拒否

NAGA
2011/07/30 14:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
なでしこ そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる