そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS メニュー

<<   作成日時 : 2011/07/10 15:08   >>

トラックバック 0 / コメント 8

息子たちとときたま外食することがあります。ほとんどが昼食なのですが、満腹を抱えて帰宅する車中、息子が質問します。「今晩なんにする?」嫁さんはすぐさま答える時もあるのですが、ほとんどは「なんにしようかねぇ〜」と気のない返事です。無理もありません、腹いっぱいで今はそんなこと考えたくもありませんよね。

嫁さんは数日間の夕食メニューをしっかり組み立てているようです。が、自分が予定していることが崩れる場合もあります。子どもたち(特に孫娘)からクレームがついたり、もうちょっと食べたい(主に父親)などと要求されたりするからです。どんなものが供されるのか何品くらい揃えるのか詳しいことは知りませんが「副菜は?」などと息子が訊ねるのを聞いたことがあります。

何もいわずに出されたものを黙って食べなさいよ、というのが女の気持ちなのですが、まだまだ健気な主婦ぶりで感心します。私の夫は気に入らなければ「黙って食べない」主義なのですが、食べてしまってから文句をいってほしいものです。残り物を始末しなければなりませんから。私も少しお利巧になって「食べないものは出さない」ようになりました。

夫の嫌いなものはナス。すぐ下の義妹もナスが大嫌いで「ナスはタネがあるから嫌い」だとか。なんにでもタネはできるものなんですが、子ども時代、よほど大きくなったナスばかり食べていたんでしょうかね。ナスおいしいじゃないですかねぇ、ぬかづけ、揚げ煮、焼きナス。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

食べ物の好みは、人それぞれです。同じ家族で毎日、同じようなものを食べていても、好き嫌いは、あるようです。奥さんたる者、ご主人や子供たちの好みに配慮しなければなりません。しかし偏食になっては、将来その人が困ります。家内も毎日のように「何にする?」と食事内容を尋ねてきます。私は、殆んど偏食がありませんから、何でも良い、と答えますが、それが困るらしいです。何か指定してくれると食事の用意がし易いのだそうです。私は、食べさせてもらう立場ですから、出されたものは、何でも食べることにしています。自分で作るより遙かに楽です。「美味しかった」リップサービスも忘れませんよ。
shuttle
2011/07/10 20:16
食べたいものは、聞かれて答えるものではなく、あるとき、ふとそう思うものです。
ふとそう思ったものに、同意を求めても、ほとんど不成立。
反意を含んだおうむ返しを聞くのもあほらしいので、口に出すことはありません。
あわぞう
2011/07/11 09:27
どの夫婦も♂族は「食べさせて頂いて」いるんですね〜
「誰が稼いだ金なのか?」とは口が裂けても言えない有様。
これが「愛」の実相ならば、アタシは神を恨む!
ちなみに、アタシは常に「カレ−」と言って、蔑まされています。
阿Q
2011/07/11 12:07
shuttleさんはお優しいだんな様で奥さまは幸せです。指定したものを作ってくださるなんて最高ですね。「何が食べたいか」とは聞くことはありますが、だからといって望むものは出てこないのが世の家庭の常です。「聞くだけ儀礼」なんです。
NAGA
2011/07/11 13:23
あわぞうさん。手間と材料費がかかって小料理屋のように見栄え良く、熱いものは熱い時、冷たいものはしっかり冷やして、洒落た器で召し上がっていただく、それほどの賃料はいただいておりません。
NAGA
2011/07/11 13:29
阿Qさん、ご無沙汰です。アルプスの麓の盆地もさぞや暑い日々を迎えたことでしょう。畑の祝宴は夏野菜の収穫とともに、ますます盛り上がっているでしょうね。こちらは麦秋です。
「カレー」といえば房総のレストランで食べたカレー、店員の手際が悪いと気分を害したオジサンも、食べっぷりが良かったのは好物だったからですね。
NAGA
2011/07/11 13:39
私、そんなこと言いました?
ちっとも記憶にございません。
言ったとしたら、ネッ友を前にしたネット人格がそうさせたのでしょう。
本当の日常生活は「借りてきた猫」。
どんな料理も黙々と砂を噛んでる如し
阿Q
2011/07/12 13:49
阿Qさん。ひとくち百回咀嚼すると長生きできるそうです。よく味わって幸せを噛みしめてください。
NAGA
2011/07/13 13:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
メニュー そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる