そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 熱闘

<<   作成日時 : 2011/08/12 13:53   >>

トラックバック 0 / コメント 6

この暑さの中、甲子園では毎日高校球児たちが熱戦を繰り広げています。選手も応援団も観客も、それから審判も倒れたりしないのかと心配になります。十分気をつけてはいるのでしょうが、おそるべき体力です。テレビ観戦のほうも炎天下ではないというものの要注意ですね。

昔は「帽子を被らないと日射病になるよ」といわれるほど、日射病のほうが馴染みが深いものでした。何時頃からか「熱中症」が幅を利かせ、熱射病も日射病も聞かなくなりました。「高温の環境下での全身の障害の総称」が「熱中症」であるということになりますと、病気の名前ではないように思うのですが。

熱中症のなかに熱けいれんや熱疲労、熱射病などがあって、さらに熱射病のなかに日射病があるのだそうです。日射病といわなくなった原因としては、太陽光だけを熱源と考えてしまう上に、一部の症状に限られるので、総称の「熱中症」になったと聞きます。

最近は太陽光に関係なく、高温のサウナ状態となって家の中で倒れているお年寄りなどがいますから、さまざまな手段で注意を呼びかけています。わが町の同報無線も今朝は特に賑やかでした。「熱中症にご注意ください!」「食中毒注意報が発令されました」「振り込め詐偽が多発しています」「ドコドコのダレソレさんが行方不明です」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
役所の放送は同じですね。総務省のお達しなのか、考えることが同じなのか。
「こちらは、、、防災○○です」で始まっても、熱中症予防の話です。
そうでした。災害は地震津波放射能だけではなかったのでした。
あわぞう
2011/08/13 11:19
NAGAさん

つい先ほど「帝京」と「八幡商業」との熱闘が終わりました。何と9回に、満塁ホームランが飛び出して「八幡」の逆転勝ち。誰もが強豪「帝京」の勝利を予想していた事でしょう。高校野球は面白いです。私も、2回、甲子園で観戦しました、公立定年後、勤めた私学が2年連続で県代表になったからです。2回目は、ベスト8まで勝ち残り、教職員としては嬉しかったです。何せ、教え子が甲子園で戦うなんて、そう誰でも経験できる事ではありませんからねえ。
shuttle
2011/08/13 14:14
あわぞうさん。アナウンスが知人であったり、方言やアクセントがご当地特有だったりすると親しみを感じます。「ねがる」ってわかります?「腐る。腐敗する」の意味でこの辺りの言葉です。「食べ物がねがることがありますから冷蔵庫を過信しないように」という具合に使います。
NAGA
2011/08/13 15:51
shuttleさん。エースを監督のミスで交代させてしまったチームがありましたけど、監督の素直な謝罪に選手たちは一丸となって窮地を切り抜けました。普段から信頼関係が築かれていたのでしょうが、こんな展開も楽しめる要素となっているようですね。私学が勝ち進むと「寄付」が大変だとの話も聞きますが、ベスト8とは見事です。今年は消えてしまって残念ですね。
NAGA
2011/08/13 16:05
NAGAさん「ねがる」は初めてです。
感じの出ているいい言葉です。覚えておきます。
ありがとうございました。
あわぞう
2011/08/14 09:10
あわぞうさん。初盆のお招きや盆義理で失礼しました。
今年は何時にも増して暑いお盆でした。
NAGA
2011/08/15 17:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
熱闘 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる