そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS うなり声

<<   作成日時 : 2011/11/05 13:57   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像
卓球のアイちゃんの「さぁ〜!」は有名ですけど、女子テニスでもサービスやラリーの際に発する声に議論が沸き起こっているそうです。現在の世界ランキング1位であるウォズニアッキ(デンマーク)が不満を示したのが発端で、女子テニス協会(WTA)も動き出したというのです。

「意図的にやっている」と指摘される選手もいて、その声のために打球音が聞こえず、打球の速度を正確に判断できないとされています。「うなり声による弊害」といいますが、シャラポワ(ロシア)は悲鳴のよな「金切り声」であり、アザレンカ(ベラルーシ)は嘆くような「うめき声」 どちらも100デシベル前後の「騒音レベル」だそうです。

砲丸投げや槍投げなどでは投げた後に大声を出すのが通例です。あの声でどのくらい距離が延びるものなのか疑問ですが、本人の満足感は満たされるのではないかと思います。テニスの場合、観客やテレビ視聴者からの苦情も増えて、見直す必要に迫られたもようです。

「教えるのはジュニア選手から」とのWTAの方針ですが、成熟した選手の癖を直すのは難しいのでしょうね。「うなり声」くらい許してやればいいのに・・と婆は思います。どっこいしょ!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
砲丸投げや槍投げなど、そのあとに相手の行為が続かないスポーツの場合は声を出してもよいでしょう。
ラリーのある競技で、プレイの切れ目以外に声を出すのは下品です。柔剣道、相撲も同じように思います。
あわぞう
2011/11/06 09:55
あわぞうさん。柔道剣道いずれも「きえーっ!」という感じでしょうけど、相撲の場合は想像つきません。「どっすん!」「ごっつぁん!」「うんこら」
NAGA
2011/11/06 13:50
押すときに「うァー」と声を出す癖のついてしまったお相撲さんがいました。
あわぞう
2011/11/07 09:15
あわぞうさん。それは楽しいですね。受けるほうは「あゥー」というのでしょうか。行司は「イ残った、イ残った」なんて。
NAGA
2011/11/07 15:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
うなり声 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる