そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS GPIF

<<   作成日時 : 2012/02/16 13:44   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
タイトルの「GPIF」とは「年金積立金管理運用独立行政法人」のことで、年金積立金の市場運用を任されています。厚生年金・国民年金の積立金は06年には139兆円あったのですが、11年には109兆円と6年間で30兆円も減ってしまいました。さまざまな原因があるのですが、なかでも無責任なマネーゲームは許されるものではありません。

厚労省は集めた保険料をGPIFに寄託します。GPIFはどの分野に投融資し「利益」を出すか計画を練りますが、実際の運用は運用受託機関(信託銀行や投資顧問会社=日米の大企業)に丸投げして金融市場に参入させます。株や債券を売買してもうけを出そうとするわけです。

「失敗」はつきものでして、昨年7月から9月には「外国株式」と「外国債券」の合計損失が3兆円にのぼりました。「国内株式」を加えると3兆7千億円に達します。損失を出しても運用受託機関には毎年300億円前後の手数料が支払われます。

損失の背景についてはアメリカ国債の格下げや欧州の財政危機をあげ、責任はないというばかりの説明をしています。GPIFは高級官僚の天下り先、政府と財界三つ巴でギャンブルに興じているようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

保険にしろ年金にしろ、国民や企業が積み立てたものは、どこかが運用して利潤を出していかねばなりません。ところが、これが世界何処でも失敗しているんですねえ。悪玉は「はげたかファンド」と言われていますが定かではありません。いずれにせよ仰るように「マネーゲーム」でいたずらに損失を出しているようです。尤も、人様のことを言えた義理ではありません。私も、大事な大事な退職金等を、半減させてしまいました。憎い「投資信託」奴。
shuttle
2012/02/16 14:33
shuttleさん。悔しい思いをなさったことがおありなんですね。大きな野望を抱くのではなく、ほんの少々色をつけたいと思っただけなのに、失敗はもう二度と繰り返すまいと教訓になりました、私も。
NAGA
2012/02/16 16:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
GPIF そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる