そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 誤用

<<   作成日時 : 2012/09/15 16:14   >>

トラックバック 0 / コメント 3

「全然」は否定する意を表す語で「まるでなってない」とか「まったくおもしろくない」というように使われてきたのですが、最近は否定表現を伴わず「非常に」という意味で用いられるようになりました。その結果「ぜんぜんおもしろい」や「「ぜんぜんオーケーです」と皆さんが乱発しています。

打消しの表現はとかく誤解されやすく「情けは人のためならず」も例に挙げられます。この場合「ためならず」を「ためにならず」と読んでしまうのが原因と思われます。「人のためならず」は「人のためではない、つまり自分のためである」ことをいいます。「人のためにならず」と読めば「人のためにならない」という意味になってしまうのですが、世論調査では半数以上がそう理解しているそうです。

「気がおけない人」も「置けない」が否定形なので「気が許せない人」ととらえがちですが、正しくは「遠慮する必要がない人」を指します。「気が置ける」とは相手との間に配慮がいることで、その必要がない安心していられる人のことですね。これも次第に逆の意味にとる人が多くなってきています。言葉は変化するとはいうものの、全く逆の意味になってしまうとは、全然驚きです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
右側の歩道にいるクロネコ、ヤバイ。
あわぞう
2012/09/16 08:59
あわぞうさん、こんにちは。

爪切られ 猫が見上げる せみしぐれ
NAGA
2012/09/16 14:51
八方の せみ聞き分ける 猫の耳
あわぞう
2012/09/17 07:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
誤用 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる