そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS マニフェスト

<<   作成日時 : 2009/08/01 14:49   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像
衆院選に向けて各党のマニフェストが発表されています。昨日麻生首相から出された自民党のマニフェストは、民主党と同じく生活支援に力を入れているようですが「後出しジャンケン」などといわれているありさまで、有権者の目は醒めているようです。

ところで「マニフェスト」のアクセントについてですが、「マ」を高く発音する人が多く、戸惑っています。政権公約などを指すマニフェストは「ニフェ」を高く発音するべきです。スペルから辞書を引いてみますと、manifesto=(名)政権公約、政策、宣言(書)、声明(書)、マニフェスト とあり、 manifest=(形)明らかな、はっきりした、わかりきった (動)存在している、見られる、あきらかにする、感情を表す (名)積荷目録、乗客名簿 となっています。

政治家は多くの言葉において頭を高く発音する癖があります。「政治」「公約」「国会」など頭に力を入れていますが、これを政治家用語と呼ぶかどうかは定かではありません。むしろ有識者に多い傾向かと思います。でも、そんなことは問題外ですよね。要はこの国をどうするかということです。

日本を守る、責任力(自民党) 政権交代、国民の生活が第一(民主党) 生活を守り抜く(公明党) 国民が主人公の新しい日本を目指す(共産党) 生活再建(社民党) 輝け日本!(国民新党) とキャッチフレーズは出揃っているんですが、いったいどんな国にしたいのでしょう。まぁ、キンキラキンに輝く日本も魅力的ですけどね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん こんにちは
積荷目録、乗客名簿なら、別のものや人に入れ替わったり、途中でどこかへ行ってしまったりすることもあるので、マニフェストの公表が、発行者を信頼できる証しにはなりません。
紙切れに何が書いてあるかより、書かれていることとこれから行われていることが「合うか合わないか」が肝心なところのように思います。
あわぞう
2009/08/02 09:02
あわぞうさん、こんにちは。
先がどうなるかはともかく、今回は政権交代があるようですね。
貧しい労働者階級としてはようやく望みが叶えられそうです。
とはいっても、新しい政権がどのような方針をもっているのか
今ひとつはっきりとしません。一回やらせてみるということで
しょうね。
NAGA
2009/08/02 17:01
NAGAさん

自民党も民主党も、リーダー達は、嘗ての日本のリーダーの子孫です。嘗てのリーダー達の血脈を引いている人達に、抑圧され続けてきた日本の庶民達の気持ちが分かるのでしょうか。私は勿論政権交代で、少しは夢を見たい気持ちはありますが、大きな期待は、失望の大きさに比例すると考えています。全くの庶民の代表だと思った角栄氏でさえ、単なる利権屋で終わりましたからねえ。
shuttle
2009/08/02 21:10
shuttleさん。そうなんですよね、みんな根元は同じ。
自分の身を守るために渡り歩いている人ばかりです。
角栄氏は、でも馬力というかバイタリティがありましたね。
利権を追うのもあそこまでになれば清々しい感じがします。
NAGA
2009/08/03 15:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
マニフェスト そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる