そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 枝豆の虫

<<   作成日時 : 2009/09/26 13:43   >>

トラックバック 0 / コメント 6

枝豆の収穫期なのですが、出来は悪いです。蒔くのが遅すぎたのか大きくなれなくて、実は入っていますけど莢が小さい。おまけに虫食いばかりで、ロリータでさえ文句タラタラ、塩にだまされて食べているようなものです。気に入れば「ほ〜〜!」と褒めてくれるのですが、全くその気配はありません。

今朝全部抜いてしまいましたが、根にコブがいっぱい着いていました。数日前に抜いた落花生も、ゴマ粒大の丸い突起がびっしりと根を覆っていました。根そのものが隆起してるのかもしれませんが、何か病気なんでしょうね。「根コブ病」とか。え?全然違いますか。落花生はそういう根をしているとか?出来はまずまずというところです。

地中の虫や細菌を退治する方法があるのか調べなくてはいけません。畑を休ませることが必要なんでしょうね。いつも前の植物が終わるとすぐに次のを植えてしまいますけど、きっと前のものの根が残っているのだと思います。丁寧に取り除いてあげることが肝心だとは思っているのですが。

(写真は枝豆の中の虫。心臓が弱い方は見ないでください)
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
枝豆の根のこぶ7はおそらく根粒菌だと思われます。
根に寄生するのですが、悪者では無く、チッ素化合物を作っているのだとか聞きました。 虫が少しくらいついてもお味はまぁまぁだったのでは?

帯広で少しの菜園を楽しんでいた時は、一つの野菜の収穫が終わると新たに肥料を撒いて土に混ぜ込んで次のを植えました。狭い畑なので連作障害が起きやすいので米ぬかを混ぜ込むんです。
春に苦土石灰を撒いて土を中和し、肥料と一緒に米ぬかを混ぜるとトマトはより甘い実になりました。よろしかったらお試しを♪ 暖かい土地で一年中何らかの野菜を作れるなんて羨ましいです。
実家(宮城県)の母は冬はハウスで自分の食べる野菜を作っています。
夏も自分用だけの野菜を作るのですが、ナスやえんどう豆など成り過ぎて、弟夫婦や姪に分けているそうですよ。
インコ母
2009/09/26 16:49
虫のつかない実は味がないのだそうで、頑張ってください。
あわぞう
2009/09/27 08:53
NAGAさん

畑には、一杯、虫がいますね。害虫です。野菜の葉を食い荒らし、柿の実に穴を開けます。殺虫剤を噴霧器でかけますが、自分が食べるものと思うと、つい薄くします。そうすると害虫は一向に死にません。今では、小さな小さな蜘蛛の子が、畝中を走り回っています。上を見れば蝶々の乱舞です。その内、青虫が這い回るようになるでしょう。手で取ると言う人もいますが、とてもとても。
shuttle
2009/09/27 15:42
インコ母さん。ありがとうございます。
「悪性腫瘍」でなくて良かったです。でも、あまり美しいものではありませんね。見れば見るほど気持ちが悪いというか。実は虫がついていなければきれいでした。塩茹でが最高です。
米ぬかは今度試してみます。苦土石灰は一つの野菜が終わる度に捲いていますけど、連作障害には気を使いますね。


NAGA
2009/09/27 16:35
あわぞうさん。野菜につく虫は野菜を食べているのだから、たとえ間違って食べてしまっても不都合なはずはないと、頭では解っています。でも、うんざりするほど棲みついていると、やはり食べる勇気はありません。以前、農家からいただいたブロッコリーを茹でたら、虫がプクプク浮いて来て、表面を覆ってしまいました。申し訳ないけど捨てさせてもらいました!
NAGA
2009/09/27 16:41
shuttleさん。本当に仰る通り、毎日が虫との闘いです。今は青虫の全盛期、葉の裏を見れば1株に1匹は必ずいます。手で取るのは苦手でしたが、もう慣れてしまって、小さいものなら潰すことができるようになりました。大きなものは石で押し潰していますが、きりがないですね。カマキリでも飼いたいくらいです。
NAGA
2009/09/27 16:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
枝豆の虫 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる