そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 子ども手当て

<<   作成日時 : 2009/12/15 14:02   >>

トラックバック 0 / コメント 2

民主党のマニフェストでお約束したとおり、来年から子ども手当てが実施されます。初年度はとりあえず半額だそうですが、子育て世代には喜ばれていると思います。「こども二人で5万円!とりあえずパート勤め辞めようかな」とか「好きな習い事をさせてあげよう」との声も聞かれます。

しかし、財源が問題になっています。まさか「ない袖は振れない」と引き返すことはないでしょうが、たしか「無駄を省けば財源は十分確保できる」と主張していましたよね。庶民を落胆させるようなことがないように、お願いいたします。

道浦俊彦氏のブログで面白い記事を見つけました。
「皆さ〜ん、もう一度、よお〜く、民主党のマニフェストを見てください。そう、『子ども手当』のところです。よお〜く目を凝らして見てください、虫眼鏡をお使いいただいても結構です。ホラ『子ども』と『手当』の間に小さな小さな小さな文字で、こう書かれているのにお気づきになりませんか?そう、『店長』の2文字が見えますか〜?。

そうなんです、国民の皆さん、『子ども手当』じゃあなかったんです、最初から。わたくしたちがお訴えしてきたのは『子ども店長手当』だったんです。文字が小さくてお気づきにならなかった方が多かったのは、大変遺憾ですが、そういうことで、この手当は『加藤清志郎クン』にはもれなく差し上げます。これで、財源の2兆ウン千億円を節約することが出来ました。ありがとうございます、『子ども店長』!」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

「子ども手当て」だなんて、子供だましの見え透いた手ですそんな財源どこから出そうというのでしょうね。選挙には何でもありですが、それにしても・・。私達の時代、涙金にも足りない「扶養手当」がありました。それだけで、頑張ってきましたよね。子供3人、親たちは食う物も食わずに、頑張って、今日の繁栄を築き上げたのです。今は子供の数は1人か2人、それさえ色々手当てをつけて「少子化対策」などと言っています。ハングリー精神はどこへいったか。過保護が人間を駄目にするのは、過去の事例で歴然としています。増税に繋がる「子ども手当て反対」!
shuttle
2009/12/15 19:32
shuttleさん、こんにちは。少子化は大きな問題ではありますが、生半可な政策で解決できるとは思えませんよね。こんな田舎でも結婚はせず、一生独身を貫くのだと頑張る若者は珍しくはありません。周囲が独身者ばかりですから、若いうちはなんの迷いもないだろうと思いますが、40歳を過ぎ、50代ともなりますと、不安に襲われるようです。親も亡くなったら身寄りのない自分はどうなるのだろうかと。
たった一人の男のためにご飯を作り、洗濯をして、しかも子どもまで産み苦労して育てるなんて「自分の人生じゃない」と思うようですね。築き上げた家庭がかけがえのない財産だと気づく日が必ずやってくるのですが。
NAGA
2009/12/16 13:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
子ども手当て そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる