そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 午後12時

<<   作成日時 : 2010/06/18 14:13   >>

トラックバック 0 / コメント 4

町内にお葬式ができると「ご不幸通知」というものが配布されます。組・班。亡くなられた方のお名前。住所。年齢。通夜の時刻。告別式の予定。喪主のお名前などが記載されています。時々、告別式の予定が午後12時からとありまして戸惑います。午後12時とは深夜のことを指すのではないのでしょうか。深夜に出棺するはずはありませんから、昼の12時であることは明らかですが。

「午前・午後」の呼び方の定義を調べてみますと、明治5年11月9日に出された「太政官達(だじょうかんたっし)第337号」に始まることがわかりました。「太政官達」とは、今でいえば内閣からの通達のことのようです。この中には、時刻の呼び方の表が載っています。

この表を見ると、真夜中に対しては「午前0時」「午後12時」という2つの言い方が書かれていますが、正午に対しては「午前12時」という言い方しか書かれていないのです。「午後0時」という方が判りやすいと思うのですが、それは定義されていません。午後0時という時刻は、定義上は存在しないということなのです。

今朝は曇り空で、葬儀まで雨は降らないだろうと期待したのですが、10時頃から降り始め、告別式から出棺までどしゃぶりでした。雨降りの花嫁さんは幸せになるといいますけど、どしゃぶりの仏さまは極楽に行かれるのでしょうね。享年91歳の大往生だそうです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさま
時間の表示はいろいろで戸惑事はたびたびです。
いろいろな年数を数えるのは西暦が便利。2010−1933=私の年
役所は元号です。時間は24時間が分かりやすいのですが。
12時は難しいですね。午前、午後、AM、PM
数学的に考えると、12=0になります。
時代小説を読むと、子の刻、明け六つなど。
今は少なくなりましたが、ご当地時間もあります。
sdaru
2010/06/19 10:58
> 告別式の予定が午後12時から
お別れの時はおしまいの時、0時とか午前とかは言いにくいのでしょう。
12時からの午後と読んであげたらいかがでしょうか、合掌・・・。
あわぞう
2010/06/19 11:48
sdaruさん。官公庁は元号イッポンですね。以前、空き巣の被害にあって数年後、被害証明書を発行してもらうために警察の窓口に行ったのです。「それは何年のことですか」「1999年です」「平成でいってください」「平成ですかぁ。わかりません、調べてください」と答えて、非国民を見るような眼で見られました。日本では西暦になるのは難しいのでしょうね。
NAGA
2010/06/20 13:53
あわぞうさん。広くて暖かなお心根に感動いたしました。
117番の時報サービスはまだ続いていますか。「ただ今から○時○分○秒をお知らせします。チッチッ・・」というあれですけど「午後レイ時レイ分をお知らせします。チーン!」といってたような気もするんですけど。
NAGA
2010/06/20 14:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
午後12時 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる