そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 不平分子

<<   作成日時 : 2010/07/10 15:03   >>

トラックバック 0 / コメント 6

特定健診(メタボ健診)の結果を持ち帰った夫が、血圧判定がFランクだといいます。成績表を見れば血圧の基準値は最高が90〜129 最低が〜89となっていて、夫は137、それでFというわけです。腹囲は基準が〜84.9 これに対して91センチでCランク。他の項目はほとんどがAランクでした。

「試薬変更により基準値が変更になりました」とありますが、いくらなんでも最高血圧が129とは酷すぎませんか。製薬会社のための特定健診のようなものです。基準を10上げると高血圧と判定される人はどれほど増えるのでしょう。「長生きしたければ医者にかかるな」なんて記事も最近ありましたよね。

ところで、メタボ健診は政府管掌となっていますが、個人的な補助はないようですね。というのは、私も同時期にメタボではなく普通の健康診断を受けたのですが、保険扱いなので投薬などを含めても3830円。メタボ健診は保険外で健康診断だけで3200円です。投薬を含むと4650円でした。

内容の違いは胸部レントゲン撮影があるかないか、腹囲測定をするかしないかくらいで、たいした違いはありません。メタボには胸部は関係ないようでレントゲンは撮らなかったそうです。その代わり政府の威厳をもって腹回りを測ったわけです、おぞましいったらありゃしない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

「長生きしたければ医者にかかるな」と言う記事、先日発売の週刊誌に載っていました。偶々、図書館の閲覧室で読みました。私が、うすうす感じていた事ばかりです。検査検査で、かえって病状の悪化する例が多いそうです。そりゃあ、そうですよね。最近の機械は精度が上がって、一寸した異変をオーバーに表現するとか。勝手に決めた基準で、健康とか、半病人とか、重篤な病気などと判定されては堪りません。とは言え、私も定期的に、掛かりつけのお医者さんには掛かっています。これは気休めの為、健康の間は行く積りです。
shuttle
2010/07/10 22:04
医師団にとって好ましいデータは、病人と治癒率が共に漸増していくこと。
基準も計算方法も、聡明な人間が考えることですから、好ましい結果が出るように、改正は融通無碍に行われるのでしょう。
あわぞう
2010/07/11 08:11
shuttleさん。病院の待合室で元気な年寄りが大きな声で談笑していました。「そういえばAさんが、この頃見えないねぇ。どっか悪いのかしらん」通院できるのは元気な証しですね。
NAGA
2010/07/11 13:53
あわぞうさん。「基準値」などというものは無意味だと、私は考えます。理想体重もそうですけど、身長が高くても低くても同じ計算方法をとっています。例えば短躯短足2頭身の身長から110を引いたら大変なことになります。
NAGA
2010/07/11 14:04
大体に於いてキョウ日の年寄りは心掛けが悪い!
もう社会や子孫に対する責任を果たし終えたのだから、静かにお迎えを待つのに限ります。
その昔の年寄りは自ら死地に旅だって、新鮮な社会の手助けをしたものでした。
健康診断も医者通いも年寄りは止めましょう、もう充分生きたのだから・・・
健康保険財政を破綻させてはイケマセン、これからの若者の為に!
阿Q
2010/07/12 11:15
阿Qさん。年寄りが医者に行くのは病気になって家族に迷惑をかけてはいけないと思うからです。磨耗した身体はあちこち故障しがちで、せめて寝たきりにならないように注意を払っているのです。私としてはいつ死んでも構わないのですが、ひょっとしたら100まで生きるのではないかと不安な毎日です。
NAGA
2010/07/12 13:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
不平分子 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる