そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS スピード経

<<   作成日時 : 2010/10/24 17:14   >>

トラックバック 0 / コメント 6

毎月1日と15日の早朝、6時頃からお寺でお経を上げる声が聞こえます。現住職の父親が読経するのですが、寒い季節になると「投げやり節」になるような気がするのは思い過ごしでしょうか。それが聞こえてくると私たちは二週間ほど生き長らえたことに感謝することになっています。ところが最近、毎朝のようにどこからか木魚の音が響くようになりました。

「この頃は随分真面目にお勤めしているようで。何か心境の変化でもありました?」「うんにゃぁ〜〜。わしゃそんな真面目じゃない。この頃は長生きし過ぎたと反省しとる」「反省したところでどうにもならんでしょ。寿命ですからねぇ」「早くお迎えがこんかいなぁ。生きるのも飽きた」「罰当たりな」

「たぶんT子さんだと思うよ。家庭用の小型の木魚買ったから」「へぇ、家庭用の木魚なんてあるの。そういえばちょっと音が高いと思った」「Hさんも買ったけどあっちは全然使ってないな」「木魚販売でもやったの?仏具店に頼まれて。それでいくらか謝礼貰ったんだ!」「・・・・」

「般若心経かしら」「何分くらい叩いてる?」「5分てとこかな」「そりゃエライ超特急の般若心経だ。木魚の音に合わせるからかなり早く叩いてるな。他のお経は思いつかん」早くては悪いということはないんでしょ。ポコポコポコ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

「木魚」の音ですが、あれは隣の家まで聞こえるのですよね。もう亡くなりましたが、隣家の主婦が、毎朝「木魚」を叩いて、お経を読んでいました。早く死んだご主人も、死んでからお勤めして貰うより、生きているうちに、世話を焼いて欲しかったでしょうね。

「般若心経」ですが、あれは皆さん、暗記してすらすら言うようです。家内も出来ます。私は駄目なんで、家内に馬鹿にされています。心経くらい覚えたいですが、今からでは遅いのでしょうね。
shuttle
2010/10/24 21:22
覗き見はいかんぞ 木魚BGM
あわぞう
2010/10/25 09:12
私の祖父は日蓮宗の住職でした。経をあげるのは本堂でしたから
毎朝あげておりましたが5時と言う時間では目も覚めませんでした。
それでも月に1回近所の檀家が集まってのお題目の時は
起こされていました。
民家と離れておりましたので他家には聞こえなかっただろうと思います。
fumiko
2010/10/26 09:41
shuttleさん。木魚ですが、もともとは細長い魚の形であったのが、中国の明代に、頭部と尾がくっついて、丸くて中が空洞になっているものができたようです。その後、龍の頭に魚の尾という現在の形になったそうですね。
また、何故魚の形をしているかといえば、「魚は夜、寝ることがないから、それにあやかって、惰眠を貪ったり怠けたりしないよう戒める意味合いがある」とのことですが、読経しながら居眠りできる達人もいますから、本当のところはわかりません。
NAGA
2010/10/26 13:23
あわぞうさん。

覗き見はいかんぞ 木魚BGM
 座布団頭に 安来節など
NAGA
2010/10/26 13:38
fumikoさん、こんにちは。
お題目というのは私たちには到底わかりません。隣保の葬式の手伝いに出て最後においとまする時、仏さまに全員でお題目を唱えるのですが、「南無妙法連華経」の場合と「南無阿弥陀仏」という時があります。お題目なら前者が正しいのでしょうね。「南無阿弥陀仏」は阿弥陀如来を拝む時に唱える言葉ではないかと密かに思っています。
NAGA
2010/10/26 13:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
スピード経 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる