そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS AFP

<<   作成日時 : 2010/11/14 16:02   >>

トラックバック 0 / コメント 6

「健康診断でAFPが10.6だった。基準は10.0までだって。ガンかなぁ」と60歳になる甥から電話がかかってきました。0.6くらいの超過でオロオロするのは、気が小さいというか神経質というか。でも目の前で医者が首を傾げれば無理もないかもしれません。腫瘍マーカーの検査結果です。

癌細胞は誰にでも存在する一般的な蛋白のほかに、健康な人体にはあまり存在しない特異的な蛋白をもっていることがあります。 腫瘍マーカーはこの特異的な蛋白を調べる血液検査で、AFP(αーフェトプロテイン)は原発性肝ガンや肝炎、肝硬変などの場合に値が高くなるようです。正常値は、10ng/ml以下(RIA法)とされています。

正常値もCLIA法では20ng以下といいますから、今の状況では心配はないと思います。100を越えてガンの疑いが生じるとする医師もいますし、陰性であるからといってガンを否定できるものではないといわれますと、人騒がせな検査だという気がします。早期発見に越したことはありませんけど、身体に悪いですよね。

甥は酒もタバコもやりませんので、「そんなはずはない」という気持ちがあるのでしょう。二つの誘惑から逃れられない人間の場合は「やっぱりね」と納得できるのかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

病気は、「気を病む」から来ています。お医者さんから「おかしい」と言われたり首を傾げられたりすれば、誰だって気を病みます。その結果、本物の病気になるのです。各種、医療検査は、大量の病人を作っています。以前は、法律で、定期的に「人間ドック」を受診していましたが、変な結果を言われるたびにびくびくしていました。教員を辞めて人間ドックを受けなくても良くなったので、すっかり健康になりました。精密な機械や、方法で、人体を計測すれば、具合の悪い所だらけなんですよね。尤も、本当に病気になったら、原因追究に検査は欠かせませんが・・。
shuttle
2010/11/14 21:18
甥御さん60歳ですか。
61歳になれば山場を一つ越えると思って、あまり心配なさらないほうがよいのではないですか。
数値データは統計のためのもの、基準値はめやす、個別判定用ではないと思えば気になりません。
あわぞう
2010/11/15 09:35
こんにちは。ネット上の記述だけから自分の健康を判断するのは危険と思いますが、それはともかくとして。
一説によれば、人にがんは避けられないもの、とも聞きます。長生きすれば、二人に一人ぐらいにがんが出てくるとか。しかし、長生きしない場合もあるから、統計上はそうは成っていないとか。またまた、未発のがんと言われるものもあって気付かないだけとか。
いずれにしても、人にがんはつきものという説です。しかし続けて、ある程度は生活習慣で発症を避けられるとも言われますし、早期発見早期治療ならそう恐れる事も無いようです。それでもいわゆる白血病のように生活習慣とは無関係のものもあるそうですが。ともかく、若年のがんは問題ですが、高年齢者の場合は、そんなものと考える方が無難に思います。
ニキ
2010/11/15 11:11
shuttleさん。甥は今まで病気というものをしたことがありませんので、とにかく恐ろしいのです。私もそうですけど、経験がないと精密検査と聞いただけで震え上がってしまうのです。「医者中毒」と呼ばれている知人は胃カメラなんかスイスイと飲めるそうで、検査を受けるのが実に楽しそうです。これからあちこち具合の悪い所も出てくるでしょうから、少しは慣れておかなくてはいけません。
NAGA
2010/11/15 14:12
あわぞうさん。その60歳は89歳の母親と暮らしていますが、親子揃って神経質です。今回も、まず母親が騒ぎ出し「おまえ、そりゃぁガンに違いない」といったとか、子不幸な親もいるものです。性格も非常に頑固ですから「気にしなくてもいい」といっても聞き入れず、二人揃って悶々と悩んでいます。
NAGA
2010/11/15 14:17
ニキさん。こんにちは。入院していた年寄りが亡くなるとき、ガンだったと聞くことが多くなりました。年寄りの死因は肺炎か老衰だろうと思っていましたので意外です。苦痛も少ないといいますから、高齢者にできるガンは性質がいいのかもしれないと思います。宿主に体力がなければガン細胞の成長もはかばかしくないのでしょうか。
NAGA
2010/11/15 14:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
AFP そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる