そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 交差点

<<   作成日時 : 2011/02/15 14:39   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像
十字路の交差点をあらゆる方向に横断できるスクランブル交差点は田舎でも増えてきました。交差点に流入する車の流れを全て止めてしまいますから対角線(斜め向かい側)に直接渡ることができます。今までは2回道路を横断しなくてはいけませんでしたから、便利でしかも安全になりました。

『歩車分離式』と名づけられた交差点を見かけましたが、歩行者と車を別々に進ませるということでしょうから、スクランブル交差点のことだと思います。「スクランブル」という言葉が普及した今、わざわざ日本語にしているのには何か理由があるのでしょうか。警察用語なのかもしれませんが。

歩行者の「歩」だと思えば抵抗はありませんが、要らぬ口出しをさせてもらえば「人車分離」のほうが自然ではないでしょうかねぇ。え?道を渡るのは犬もいればカルガモもいる?すみません。斜めに行けるとわかっていても、わざわざ直線で2回横断する人もいます。年寄りに多いようですが、さぞかし律儀な人生を送ってきたのだと思います。「律義者の歩だくさん」なんて・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

こうした人と車を、別々に進行させる交差点は、豊田市のメイン通りに、2箇所出来ました。左折事故が多いそうですから、これで事故は激減するでしょう。車の方も一々確認しなくてもスムーズに左折できます。便利になりました。歩行者としても同じ交差点を何度か往復しましたが、安心して渡れます。信号機が高いそうですが、お金で安全が買えるなら、安いものです。
shuttle
2011/02/15 18:35
shuttleさん。交差点では横断者のために音楽を流す所が多いようです。「とおりゃんせ」や、時には鳥の鳴き声だったりしますが、早く渡れとせかされるように感じます。これではとても渡りきれないだろうと思われる速度の人もいますし。
いっそ「前の人との間を空けずに速やかに渡りましょう。しんがりは車に轢かれる可能性があります。急げ急げ」とアナウンスしたほうが目的に叶うでしょう。
NAGA
2011/02/16 17:51
NAGAさん

> わざわざ直線で2回横断する人

神主さんではないですか。
あわぞう
2011/02/16 19:22
あわぞうさん。確かに神主さんは斜線移動はしませんね。神式の葬儀で気づきました。横断を終えたら向きを変えてお祓いすれば事故もなくなるかもしれません。
NAGA
2011/02/17 13:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
交差点 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる