そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 裂人(さこうど)

<<   作成日時 : 2011/06/28 15:27   >>

トラックバック 0 / コメント 4

離婚は恥ずかしいことで世間にはあまり知られたくないと思われたのは昔のこと、今では親戚友人を集めてセレモニーを行うようになりました。男性が離婚式を挙げる理由としては「未練を断ち切るケジメ」のためだそうです。一方、女性は「離婚後の養育費や財産分与について公の場ではっきりさせ、証人を作っておきたい」と実利優先です。

離婚式には「仲人」ならぬ「裂人(さこうど)」という役があります。スルメやコンブの出番はないでしょうけど、ことのいきさつなどを来賓に説明するのでしょうか。双方に別れる意志があるならば他人の介在はいらないと思うのですが、自分以外の誰かに責任を持ってもらいたいという現代人らしい気持ちがあるのかもしれません。あとあと「ホントは別れる気はなかったけど、サコウドがしつこくて」などと悪者にされる場合もあるでしょう。

ところで「未練を断ちたい」とのことですが、男性には一度愛した女性のことは生涯忘れないという特徴があるようです。反面、女性は今、目の前にいる相手のことしか考えない、過去の恋愛はきれいさっぱり忘れてしまいます。男性が「名前をつけて保存」なら、女性は「上書き保存」というところでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
離婚式 ご馳走も出る 蟹づくし
あわぞう
2011/06/29 09:40
あわぞうさん。
離婚披露宴におけるコース料理です。(ふらんす式)
・前菜(オードブル) 青トマトとマスクなしメロン
・スープ わたりがにのスープ
・主菜 トビウオの飛翔フライ イノブタのステーキ
・デザート 一段平ケーキ49等分の一
NAGA
2011/06/29 13:49
NAGAさん

最近離婚が増えたようですね。なかなか結婚せず、したと思ったら、直ぐ離婚ですか。昔は姑などが威張っていて、家風に合わないとか言って、泣く泣く離婚させられたものですが、今や、女性が強くなって、「そんなら出て行く」とさっさと出て行きます。離婚式まで挙げるとはねえ。もし子供がいたら、どうなるでしょうね。離婚した夫婦の子供は離婚率が高いそうです。欧米では、半数近くが離婚経験者だそうです。日本もやがてそうなりますね。少子化で甘ったれ子供、わがまま子供が激増していますから、我慢が足らないのですね。「結婚生活は、我慢の連続こそが、やがて幸せを呼ぶ」新格言です。
shuttle
2011/06/29 20:52
shuttleさん。幸福感や価値観は自分が基準になっていますから、昔のように姑に意地悪されても「愛する夫」のために我慢したり、夫の浮気が露見しても子どものために辛抱するということはなくなりました。全て今現在の幸福が優先しますし、いつ訪れるかわからないシアワセを待つ暮らしは無理なのでしょう。「自分こそが我慢してきた」とお互いに言い張る夫婦もいますけど、それが偽りのないシアワセというものなのでしょう。
NAGA
2011/06/30 13:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
裂人(さこうど) そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる