そちらさま・こちらさま

アクセスカウンタ

zoom RSS 葬儀

<<   作成日時 : 2012/01/28 15:34   >>

トラックバック 0 / コメント 4

義弟(夫の妹の伴侶)がとうとう亡くなりました。66歳とのことですが、少なくともあと10年くらいは生きてほしかったと残念に思います。「多臓器不全」が直接の死因といわれましたが、はっきりしたことはわからず、病院でも手の打ちようがなかったようです。腹水を抜き、点滴、輸血を繰り返せば体力もなくなって、肺炎も併発したとか。「がん保険」に入っているのを確かめて「膀胱がん」とされたそうですが、本当にそうなのか、確かに膀胱に腫瘍があるとは聞きましたけど。

近くの葬祭センターで執り行うことになった葬儀ですが、打ち合わせに現れたのは若い女性でした。礼儀正しくはきはきしていて好感が持てました。枕経の準備や遺体の着替えなども段取り良く、納棺後通夜を行う催事場への搬送も彼女の仕事らしく「ここには男性はいないのか」と思ったほど男の姿は見えませんでした。

「おくりびと」も女性で納棺まで丁寧に行われ、歯をのぞかせて笑ったようなくちもとが、きっちり閉められたのには感心しました。男性でも軽いお化粧がほどこされるんですね。
葬儀の費用ですが見積書によれば、まず式場使用料が約40万、通夜の参列者へのお礼と会食、香典返し、火葬場への送迎などなど。130万円くらいになるのではないかと思います。(お寺の費用は別にして)

約3か月入院して家族も覚悟を固めることができました。葬儀の費用も失効寸前の保険が間に合ったとか。ぽっかり心に穴が開いてしまって、気弱になった義妹が心配ですが、落ち着いたらこちらにしばらく来るようにといってあります。嵐のような日々を過ごした疲れが少しでも癒されればいいのですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
NAGAさん

お医者さんの診断に困るような死因と言うのがあるのですね。「がん保険」に入っているのを確かめて「膀胱がん」とされたとか。いい加減と言うか、患者の家庭思いというか、収入源の確保と言うのか、判断に苦しみますね。それにしても葬式費用は馬鹿になりません。死ぬにも死に切れないです。
shuttle
2012/01/28 19:48
すっかりごぶさたしてしまい申し訳ありません。
思いがけない訃報にのこのこ出てきました。
義妹さんというと、大井川鉄道でご一緒した義妹さんですか。
さぞお力落としのことと思います。
四十九日がすむまでは夢中で過ぎてしまいますが寂しくなるのはそれからです。
気持ちが落ち着いたころまたどこかでお会いしたいですね。
Dorian
2012/02/09 17:44
shuttleさん。寒さが災いしているのか、2月に入ってから訃報続きです。身体の弱った人には大変な冬のようです。ご自愛ください。
NAGA
2012/02/10 15:31
Dorianさん。コメントありがとうございます。
SLでご一緒した義妹です。だんなは大層な酒飲みで手を焼いていたのですが、「こんなことなら黙って飲ませてあげればよかった」と思っているかどうか。とはいえ、女房の愚痴もいいツマミになるんですけどね。
NAGA
2012/02/10 15:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
葬儀 そちらさま・こちらさま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる